トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホーム実験手法別製品・技術情報タンパク質サンプル調製・前処理

サンプル調製は重要なステップです。ぜひ参考にしてください!

タンパク質のサンプル調製・前処理方法のコツ

はじめに

このサイトでは一般的なタンパク質サンプルの扱い方についてご紹介します。タンパク質サンプルの調製にあたって気をつけなければならない点はいくつでも挙げることができますが、特に以下の2点に気をつけるとよいでしょう。

溶解していること

クロマトグラフィーや電気泳動などタンパク質を対象とした実験のほとんどは、サンプルが溶解していなければなりません。温度・pH・濃度などのパラメーターに対して、対象とするタンパク質が安定であるかまたは沈殿しないかを検討しましょう。これらの検討結果にもとづいて、溶解バッファーの組成や実験ストラテジーを組み立てていきます。

できる限りシンプルな調製法にすること

必要がない操作はできる限り省いて、シンプルな調製法を組みましょう。一つの操作を行うことによって時間を要することになり、サンプルを失うリスクも増えます。クロマトグラフィー精製を例にとっても、対象サンプルの状態や用いる担体のサイズによって必要となる操作が異なります。研究の目的や実験手法の性質を考慮して、本当に必要な処理がどれであるのかを判断し実験をすすめます。

添加剤もなるべく少なくすることが望ましいです。

タンパク質のサンプル調製・前処理方法についての技術情報

下記のアプリケーション、テクニックについての関連情報ページがありますので、ご参照ください。実験手法キーワードからも、関連情報にハイパーリンクします。

実験手法キーワード (下記の手法の他にも、さまざまな手法をご紹介しています)

サンプル調製事例

・細胞培養上清や大腸菌培地からのタンパク質の濃縮と回収事例

・2-D DIGE解析用植物タンパク質抽出バッファーのスクリーニング


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する