トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホーム実験手法別製品・技術情報プラスミドDNA調製

プラスミドの精製

大腸菌からのプラスミドDNA調製は、分子生物学実験を行う上で必須の基本技術で、アルカリ法や塩化セシウム超遠心法などが用いられています。クローニング実験やDNAシークエンシングでは高純度DNAが求められ、スクリーニング目的には安価で操作が簡便な手法が選択されます。

マニュアル

製品情報

FAQ(製品Q&A)

実験ガイド


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する