トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホーム実験手法別製品・技術情報画像解析装置

ImageQuant LAS 4000シリーズ活用法 その1 : UV光源について

ImageQuant LAS 4000

はじめに

ImageQuant LAS 4000シリーズのオプションUV光源には、落射光源と透過光源の2種類があります。
透過光源はゲルなどの光を透過する素材の検出に、落射光源はブロッティングメンブレンなどの光を透過しないものを検出する目的で使用します。
初回はUV光源で可能なこと、簡単な使用法に関して記載します。

※対象機種のところで(オプション)と表示されている機種をご使用中の場合、本文に記載されているアクセサリーが標準装備品ではないため別途ご購入いただく必要があります。

透過UV光源(312 nm)

蛍光色素の検出

●対応機種:ImageQuant LAS 4000mini(オプションi、ImageQuant LAS 4000、ImageQuant LAS 4010

UV透過光源で検出が可能な蛍光色素には次のようなものがあります。

  • エチジウムブロマイド (蛍光フィルター:605DF40)
  • SYPRO Ruby (蛍光フィルター:605DF40)

ここで使用するフィルターの605DF40とは、バンドパスフィルターで、中心波長605 nm±20 nmの光を50 %の効率で透過するフィルターです。SYPRO Rubyは図1からも分かるように、その蛍光特性から460 nmの青色落射光とY515のフィルター(515 nm以上の波長を透過させるフィルター)の組み合わせでも検出できます。そのため、UV透過光源による励起でも同等の感度で検出することが可能です(図2)。蛍光フィルターの使用によって、UV光そのものやノイズをカットすることができます。ゲルを置くトレイは底が透明なUV-Transトレイ(図3)を使用します。

SYPRO Ruby波長
図1 SYPRO Rubyの吸収波長と発光波長

 

SYPRO Ruby検出例1 SYPRO Rubyの使用例2

図2 ImageQuant LAS 4000シリーズを使用して撮影したゲル画像
左:UV透過光源、 605DF40フィルター使用。 1,200-10,000 RFU。
右:青色落射光源、Y515Diフィルター使用。 1,000-3,000 RFU。
(露光時間1/2)

UV-Transトレイ
図3 UV-Transトレイ

 

CBB染色、銀染色のゲルなど可視染色のサンプル(Digitize)

●対応機種:ImageQuant LAS 4000mini(オプション)

UV透過光源の上に、キャリブレーション用のプレート(Calibration Plate GR、図4左)を置き、白色透過光源として検出に使用することができます。 この場合も蛍光検出時と同様に、605DF40フィルターをレンズ下のマニュアルフィルターチェンジャーにセットして検出します。 ゲルを置くトレイは底が乳白色のWhite-Transトレイ(図4右)を使用します。 標準的なCBB染色、銀染色のゲルの検出時の露光時間は、1~3秒程度です。 ゲル(図5)の他、ディッシュ上で培養されたコロニーの簡易的な検出も可能です。

calibration plate White-Transトレイ
図4 キャリブレーション用のプレート(左)とWhite-Transトレイ(右)

 

CBB画像
図5 CBB染色ゲルのDigitize
装置:ImageQuant LAS 4000mini
光源:UV透過光源にキャリブレーションプレートGRを置き、白色光源として使用
フィルター:605DF40
露光時間:5秒

 

落射UV光源(365 nm)

蛍光色素の検出

●対応機種:ImageQuant LAS 4000(オプション)、ImageQuant LAS 4010(オプション)

落射UV光源は主に光を透過しない素材、メンブレンやTLCプレートなどの検出に使用されます。 この場合に使用するトレイは金属性で黒色のEPIトレイ(図6)を使用します。 落射UV光源に適した蛍光色素には次のようなものがあります。
  • SYPRO Rose(蛍光フィルター:L41)
  • Qdot(蛍光フィルター:L41)

L41フィルターはUV光カット用のロングパスフィルターで、410 nm以下の短波長側の光をカットし、長波長側の光を透過させます。
ImageQuant LAS 4000シリーズによる検出の際には、ゲルやメンブレンをGel sheet (LAS)などの上に置くことで、中心合わせが行いやすくなります。 また、エチジウムブロマイドによる汚染の機会も減らすことができます。

epiトレイ
図6 EPIトレイ

 

さらに詳しく知りたい方へ


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する