トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホーム実験手法別製品・技術情報クロマトフォーカシング

 

クロマトフォーカシング

生体分子を等電点(pI)の差にもとづいて分離する手法です。使用する担体には広いpH範囲で均一な緩衝能を持つように数種類の陰イオン交換基が導入されています。高いpHのバッファーで平衡化したカラムにサンプルを吸着させ、溶出液をPolybufferを含む低pHバッファーに切り替えていく、カラム内に自動的にpH勾配が形成されて等電点の高い順に生体分子が溶出されます。高い分離能と濃縮効果を持っているため0.05 pH単位以下の等電点の差でアイソザイムを分離することもできます。


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する