トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホーム実験手法別製品・技術情報His-tagタンパク質の発現・精製・検出

 

タンパク質発現・精製:His-tagタンパク質の発現・精製・検出

組換えタンパク質発現系は、目的タンパク質を大量に生産し、簡便かつ高純度に精製することができる手法として多用されています。His-tagタンパク質は、6~10残基のヒスチジンを含む短いペプチドを末端*に付加したタンパク質であり、タグ部分の分子量が小さいために目的タンパク質の活性や構造への影響が少なく、精製方法がほぼ確立されていることから、組換えタンパク質の精製と検出に広く使われています。

アミノ末端・カルボキシル末端のいずれかに付加するのが一般的ですが、両端に付加する場合もあります。

実験ガイド

セミナー/トレーニング

アプリケーションノート

カタログ

お客さまデータ紹介

製品情報

FAQ(製品Q&A)


お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及 び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託 先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先 に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは個人情報相談窓口(042-5855111:平日午前10時~午後5時)にて承ります。 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針