トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホーム実験手法別製品・技術情報2D DIGE(蛍光標識二次元発現差異解析)

Ettan DIGE について

2-D Fluorescence Difference Gel Electrophoresis
蛍光標識二次元ディファレンスゲル電気泳動解析システム

Fluorescence2D Difference Gel Electrophoresis(2D DIGE)技術の概要

2D DIGE技術の概要

Ettan DIGEは、2D DIGE(蛍光標識二次元ディファレンスゲル電気泳動)技術を用いたタンパク質発現差異解析システムです。タンパク質サンプルを3種類の異なる蛍光色素にて標識し、同一ゲル上で一括して二次元電気泳動を行います。この方法を用いると複数のタンパク質サンプルを1枚のゲル上で解析することが可能になるため、発現量の差異をより高精度に検出することができます。

Ettan DIGEは専用のCyDye標識試薬、画像解析ソフトウェア、バリアブルイメージアナライザーTyphoon(Ettan DIGE用)ほかからなるシステムです。

さらに至適化された実験プロトコールとの組み合せにて、高精度で定量的なタンパク質ディファレンス解析を実現可能にします。


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する