トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホーム実験手法別製品・技術情報アフィニティクロマトグラフィー

診断C タイトル

カラムに汚れがたまっている可能性があります。カラム内には実験を重ねるたびに汚れが蓄積する場合があります。汚れを放置すると実験結果への悪影響だけではなく、カラムの寿命も短くなってしまいます。 添加したサンプルがカラム内で凝集したり、担体へ非特異的吸着しやすいサンプルを添加したりすると汚れやすくなります。 カラムの洗浄を行いましょう。

診断C ガイド

原因物質別の洗浄ガイドライン

注意!

ここにご紹介するのは一般的な洗浄法です。
ゲルごとに最適な洗浄法がありますので、詳細は製品マニュアルを参照ください。

親水性のタンパク質やペプチド

  • タンパク質やペプチドの抽出に用いた方法を用います。
  • 0.1~1 Mの NaOH*にて低流速で一晩洗浄した後、超純水を送液し、 2 Mの塩溶液*で溶出します。
  • 酢酸に溶解する成分であれば、30~50%酢酸*にて低流速で一晩洗浄します。

疎水性のタンパク質やペプチド

  • 有機溶媒* (メタノール、エタノール、アセトニトリル、2-プロパノール)で洗浄します。汚染物質が溶解する最適な有機溶媒濃度がわかっていれば、その濃度で一晩洗浄します。

核酸

  • 核酸は低イオン強度の溶液によく解けるので10 mM Tris-HCl, 1 mM EDTA, pH8.0を低流速で24時間送液してください。沈殿していた核酸が再溶解することがあります。
  • RNA:0.1~2 M の NaOH *を注入して1時間放置し、そのあと超純水を送液します。グラジエント溶出を用いた場合は適当なバッファーで溶出し、超純水ですすいでください。

脂質

  • 0.1% Triton X-100*で洗浄します。
  • 30~100% 2-プロパノール*にて低流速で洗浄するのも効果があります。

*必ずお使いの製品の薬剤耐性をご確認の上ご利用ください


お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及 び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託 先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先 に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは個人情報相談窓口(042-5855111:平日午前10時~午後5時)にて承ります。 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針