トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホームサポート・保守情報お客さまの声・データ紹介

お客さまレビュー/データ紹介 MidJet System

→MidJet System の製品情報はこちら

【お客さまレビュー】 1件

日本大学大学院総合科学研究科  舛廣 善和 先生

ご研究内容:細胞膜透過性ペプチドを融合した有用タンパク質発現系の確立

「MidJet System」のよいと感じている点

  • 透析のスピードを自由に調製できる点
  • 従来の透析方法では分子の拡散を待つのみだったが、本装置では透析時間を短縮することが可能である点がよい
使用例

タンパク質のリフォールディング

目的タンパク質

細胞質に存在するタンパク質でシグナル伝達に関与する分子。分子量 28 kDa。

使用機器・試薬

MidJet System、KvickStart 10kDa

実験条件

ろ過時間: 12時間、流速: 0.5 ml/min、タンパク質濃度: 0.2 mg/ml、サンプル量: 100 ml、温度: 4 ℃

結果・コメント

従来は透析膜を用いた通常の透析をしていました。しかし、通常の透析では拡散による透析であるため、時間がかかっていました。今回の検討では従来の約1/3の時間で全く同程度のリフォールディングタンパク質を得ることができました。

リフォールディングを行う上でのコツ

我々の扱っているタンパク質は、透析時に再凝集しやすい性質があります。特に高濃度にすると全部再凝集するため、ある程度濃度をうすくしなくてはいけません。そうすると必然的に大量のタンパク質を必要とする場合、サンプルのボリュームが大きくなってしまいます。この装置では、その点が有る程度改善できるので、高濃度で再凝集しやすいタンパク質は低濃度のまま透析する方がよいと思います。
また、アルギニン存在下で透析するとうまくリフォールディングできるタンパク質もあるので、その方法を使うのも1つの手かもしれません。

製品に対するご意見

本装置ではコネクターを自作しなくてはいけないということになった*ので、そのあたりのアクセサリーが揃うとよいと思いました。
*MidJet System付属ボトルの容量が小さかったため、お手持ちのボトルにゴム栓を使って接続していただきました。

※お客さまの使用経験に基づく記載です。


お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及 び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託 先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先 に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは個人情報相談窓口(042-5855111:平日午前10時~午後5時)にて承ります。 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針