トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホームサポート・保守情報お客さまの声・データ紹介

簡単に遺伝子ノックアウトできるツール!
Dharmaconゲノム編集ツール「Edit-R」お客様の声

荻原 秀明様

国立がん研究センター 分子診断・個別化医療開発グループ ゲノム生物学研究分野
荻原 秀明 様

遺伝子変異に基づく合成致死性を利用したがん治療法の開発を行っている荻原先生にDharmaconのゲノム編集Edit-R CRISPR-Cas9プラットフォームを導入いただいた理由をお伺いしました。最大の理由はその簡便さ。どのあたりが簡便なのか、についても伺いました。


ターゲットごとにベクターを作る必要なし!

がん細胞において、変異頻度の高い遺伝子に着目し、合成致死遺伝子の探索をするという仕事をしています。そこで、変異頻度の高い遺伝子を人工的にノックアウトして、スクリーニングをかけることにしました。そこで、今回はじめてゲノム編集の技術を採用することとなりました。


製品選定の際、他社のゲノム編集製品では、ひとつひとつベクターを、ターゲットごとに作らなければいけないところが、価格面でも、作業量の上でもネックになっていました。その矢先にGEヘルスケアの営業担当者よりDharmaconのゲノム編集製品の紹介がタイムリーにありました。DharmaconのEdit-R CRISPR-Cas9プラットフォームは、ガイドRNA発現ベクターをクローニングする必要がありません。すぐにトランスフェクション可能なDNAおよびRNAコンポーネントが含まれており、トランスフェクション操作だけでノックアウトできるところがポイントとのことでした。他社と比較すると価格もリーズナブルであるというところ、Webで簡単に設計できると聞き、魅力的な製品であると感じ、採用しました。


また、実験をすすめるうち、Edit-R Lentiviral Blast-Cas9 Nuclease Particlesを用い、Cas9をステイブルに発現させたほうが、ゲノム編集効率が高いという傾向にあることが分かってきました。

引き続き、作成したノックアウト細胞を利用し実験を進めているところです。

 

荻原先生、お忙しい中貴重なお時間とご意見をありがとうございました。

※お客さまの使用経験に基づく記載です。


参考文献

  1. Ogiwara,Hideaki. & Sasaki,Mariko. & Mitachi,Takafumi. & Oike,Takahiro. & Saito,Higuchi. & Tominaga,Yuichi. & Kohno,Takashi. et al. Targeting p300 addiction in CBP-deficient cancers causes synthetic lethality via apoptotic cell death due to abrogation of MYC expression. CANCER DISCOVERY: 2016 Apr;6(4):430-45. doi: 10.1158/2159-8290.CD-15-0754. Epub 2015 Nov 24.

お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する