トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホームサポート・保守情報文献情報

文献情報

お客さまからご提供いただきました、弊社製品を使用して書かれた発表済みの文献情報をカテゴリー順に掲載しております。 お客さまとともに作り上げていくサイトですので、奮ってご投稿ください。

DNAシークエンシングとフラグメント解析

文献タイトル Genetic heterogeneity of porcine and ruminant pestiviruses mainly isolated in Japan.
文献著者 Sakoda Y, Ozawa S, Damrongwatanapokin S, Sato M, Ishikawa K, Fukusho A
文献掲載誌 Vet Microbiol 65, 75-86 (1999)
弊社の使用製品名 AutoLoad Solid phase Sequencing kit
弊社製品の使用目的、感想等 シークエンスの決定に使用。
同一領域の多サンプルシークエンスには有用だと思います。
ご投稿者 家畜衛生試験場 迫田様

文献タイトル NorM, a putative multidrug efflux protein, of Vibrio parahaemolyticus and its homolog in Escherichia coli.
文献著者 Morita Y, Kodama K, Shiota S, Mine T, Kataoka A, Mizushima T, Tsuchiya T
文献掲載誌 Antimicrob. Agents Chemother. 42, 1778-1782 (1998)
弊社の使用製品名 ALFexpress
弊社製品の使用目的、感想等 新規多剤耐性遺伝子の塩基配列を決定するときに用いた。
ご投稿者 岡山大学 森田様


DNA/RNAの合成および精製

文献タイトル Peripheral blood extrathymic CD4+ CD8+ T cells with high cytotoxic activity are from the same lineage as CD4+ CD8- T cells in cynomolgus monkeys
文献著者 Nam KH, Akari,H., Terao,K., et al.
文献掲載誌 Int Immunol 12, 1095-1103 (2000)
弊社の使用製品名 QuickPrep micro mRNA Purification Kit, First-strand cDNA synthesis kit
弊社製品の使用目的、感想等 カニクイザルのTCR Vβ領域遺伝子のSSCPによる多型解析に使用した。
TCR Vβ遺伝子の塩基配列解析により、胸腺外分化T細胞と考えられる末梢のCD4+/CD8+ T細胞がCD4+/CD8-細胞と同一の祖先細胞から分化したことを実証した。
ご投稿者 国立感染症研究所 寺尾様

文献タイトル Calcium associated resistance to H2O2 in Chinese hamster V79 cells
文献著者 Motohisa Kaneko, Fukiko Inoue, Taiko Oda
文献掲載誌 Toxicol. Letters 155, 137-147 (2000)
弊社の使用製品名 GenomicPrep (DNA isolation kit)
弊社製品の使用目的、感想等 少量の動物細胞から全DNAを抽出し、Southern blotting により、ミトコンドリアDNA量を定量した。
短時間で、ほぼ定量的に抽出出来、重宝した。
ご投稿者 国立がんセンター研究所 金子様

文献タイトル Molecular cloning and functional characterization of rat delta-6 fatty acid desaturase
文献著者 Tsunehiro Aki, et al.
文献掲載誌 Biochem. Biophys. Res. Commun. 255, 575-579 (1999)
弊社の使用製品名 QuickPrep mRNA Purification Kit
弊社製品の使用目的、感想等 マニュアルが分かりやすかった。
ご投稿者 広島大学 秋様


DNAおよびタンパク質の標識、検出

文献タイトル Specific accumulation of Rho-associated kinase at the cleavage furrow during cytokinesis: cleavage furrow-specific phosphorylation of intermediate filaments
文献著者 H. Kosako, H. Goto, M. Yanagida, K. Matsuzawa, M. Fujita, Y, Tomono, T. Okigaki, H. Odai, K. Kaibuchi and M. Inagaki
文献掲載誌 Oncogene 18, 2783-2788 (1999)
弊社の使用製品名 ECL Western blotting detection system and Texas Red-conjugated sheep anti-mouse immunoglobulins
弊社製品の使用目的、感想等 ECLは検出感度も高く、exposing timeを変えることでイメージ通りの像が得られて便利でした。Texas RedはFITCと励起波長が離れているので、2重染色に最適でした。
ご投稿者 東京大学 小迫様

文献タイトル Structure and Regulatory Expression of A Single Copy Alternative Oxidase Gene from The Yeast Pichia anomala.
文献著者 Shigeru Sakajo, Nobuko Minagawa and Akio Yoshimoto
文献掲載誌 Biosci. Biotechnol. Biochem. 63, 1889-1894 (1999)
弊社の使用製品名 Gene Images Labelling and Detection System for Nucleic Acid, Hybond-N
弊社製品の使用目的、感想等 ゲノミックサザンは大変うまくいきました。
ご投稿者 郡山女子大学 坂上様

文献タイトル Manumycin A, Inhibitor of ras Farnesyltransferase, Inhibits Proliferation and Migration of Rat Vascular Smooth Muscle Cells.
文献著者 Hirosuke Kouchi et, al.
文献掲載誌 Biochemical and Biophysical Research Communications. 264, 915-920 (1999)
弊社の使用製品名 ECL Plus
弊社製品の使用目的、感想等 ウエスタンブロット検出用に用いました。以前のECLの時には発光時間が短くて暗室の準備が整っていないときなどは、あわてて暗室にかけ込んでいたのですが、いまは慌てるどころかゆっくり暗室の準備をする余裕ができました。一方で、免疫染色などの方面にもこのような試薬があれば便利かなとも思います。蛇足ですがアイソトープでアマシャムを使っていないのです。ごめんなさい。
ご投稿者 岡山大学 河内様


組換えタンパク質の発現と精製

文献タイトル Activation of mitochondrial voltage-dependent anion channel by a pro-apoptotic BH3-only protein Bim.
文献著者 Sugiyama T, Shimizu S, Matsuoka Y, Yoneda Y, Tsujimoto Y.
文献掲載誌 Oncogene 21, 4944-4956 (2002)
弊社の使用製品名 pGEX-6P-1, Glutathione Sepharose 4B, Protein G Sepharose
ご投稿者 大阪大学 杉山様

文献タイトル A gene encoding a phosphatidylinositol-specific phospholipase C is induced by dehydration and salt stress in Arabidopsis thaliana.
文献著者 Hirayama T, Ohto C, Mizoguchi T, Shinozaki K.
文献掲載誌 Proc Natl Acad Sci U S A. 92, 3903-3907 (1995)
弊社の使用製品名 Nybond-N, pGEX-2T
ご投稿者 トヨタ自動車株式会社 大音様

文献タイトル A thermophilic cyanobacterium Synechococcus elongatus has three different Class I prenyltransferase genes.
文献著者 Ohto C, Ishida C, Nakane H, Muramatsu M, Nishino T, Obata S.
文献掲載誌 Plant Mol Biol. 40, 307-321 (1999)
弊社の使用製品名 pGEX-4T, Gutathione Sepharose 4B
弊社製品の使用目的、感想等 タンパク質過剰発現系の構築に用いました。
ご投稿者 トヨタ自動車株式会社 大音様

文献タイトル Overexpression of an archaeal geranylgeranyl diphosphate synthase in Escherichia coli cells.
文献著者 Ohto C, Nakane H, Hemmi H, Ohnuma S, Obata S, Nishino T.
文献掲載誌 Biosci Biotechnol Biochem. 62, 1243-1246 (1998)
弊社の使用製品名 pGEX-2T, Glutathione Sepharose 4B
弊社製品の使用目的、感想等 タンパク質過剰発現系の構築に用いました。耐熱性酵素とGSTとの融合タンパク質でも耐熱性のある酵素を発現させることができました。
ご投稿者 トヨタ自動車株式会社 大音様

文献タイトル Gene cloning and overexpression of a geranylgeranyl diphosphate synthase of an extremely thermophilic bacterium, Thermus thermophilus.
文献著者 Ohto C, Ishida C, Koike-Takeshita A, Yokoyama K, Muramatsu M, Nishino T, Obata S.
文献掲載誌 Biosci Biotechnol Biochem. 63, 261-270 (1999)
弊社の使用製品名 pTrc99A, pGEX-2T, HMW standard for gel filteration
弊社製品の使用目的、感想等 タンパク質過剰発現系の構築に用いました。耐熱性酵素とGSTとの融合タンパク質でも耐熱性のある酵素を発現させることができました。
ご投稿者 トヨタ自動車株式会社 大音様

文献タイトル Functional analysis of tobacco LIM protein Ntlim1 involved in lignin biosynthesis
文献著者 Akiyoshi Kawaoka, Pulla Kaothien, Kazuya Yoshida, Saori Endo,Keiko Yamada and Hiroyasu Ebinuma
文献掲載誌 The Plant Journal 22, 289-301 (2000)
弊社の使用製品名 Hybond N, pGEX-2TK, Glutathion Sepharose 4B, poly(dI.dC)
弊社製品の使用目的、感想等 目的の転写因子タンパクを大腸菌で発現させる際、はじめはI社のHis-tagを用いましたが、上手く発現しませんでした。次に試したのがGSTタイプのpGEX2-TKで、精製も比較的楽に出来ました。おかげ様でその後の解析もOKでした。
ご投稿者 日本製紙株式会社 河岡様

文献タイトル Novel prenyltransferase gene encoding farnesylgeranyl diphosphate synthase from a hyperthermophilic archaeon, Aeropyrum pernix. Molecular evolution with alteration in product specificity
文献著者 Akira Tachibana, Yoshihisa Yano, Shuzo Otani, Norimichi Nomura, Yoshihiko Sako, Makoto Taniguchi.
文献掲載誌 Eur. J. Biochem. 267, 321-328 (2000)
弊社の使用製品名 pGEX-4T-3, Glutathione Sepharose 4B
弊社製品の使用目的、感想等 プロトコルが良くできていて,とくに条件を検討しなくても実用上十分なものが得られました。
ご投稿者 大阪市立大学 立花様

文献タイトル Identification of the ligand binding site for the integrin alpha9beta1 in the third fibronectin type III repeat of tenascin-C.
文献著者 Yokosaki Y., Matsuura N., Higashiyama S., Murakami I., Obara M., Yamakido M., Shigetoh N., Chen J., Sheppard D.
文献掲載誌 J. Biol. Chem. 273, 11423-11428 (1998)
弊社の使用製品名 GST精製カラム、ALFexpress シークエンサー(およびロボット)
弊社製品の使用目的、感想等 病棟回診の間に、ロボットにシークエンスリアクションを行ってもらいました。
ご投稿者 国立療養所広島病院 横崎様

文献タイトル The integrin alpha9beta1 binds to a novel recognition sequence (SVVYGLR) in the thrombin-cleaved amino terminal fragment of osteopontin.
文献著者 Yokosaki Y, Matsuura N, Sasaki T, Murakami I, Schneider H, Higashiyama S, Saitoh Y, Yamakido M, Taooka Y, Sheppard D.
文献掲載誌 J. Biol. Chem. 274, 36328-36334 (1999)
弊社の使用製品名 pGEX-6P-2、精製用カラム、PreScission Protease, ALFexpress シークエンサー(およびロボット)
弊社製品の使用目的、感想等 pGEXシリーズはとても使いやすいシステムと思います。
ご投稿者 国立療養所広島病院 横崎様


クロマトグラフィー

文献タイトル Growth inhibition by keratinocyte growth factor receptor of human salivary adenocarcinoma cells through induction of differentiation and apoptosis
文献著者 Yan Zhang, Hua Wang, and et.al
文献掲載誌 Proc. Natl. Acad. Sci. USA 98, 11336-11340 (2001)
弊社の使用製品名 protein A Sepharose CL-4B
ご投稿者 広島大学 張様

文献タイトル Molecular cloning and functional expression of rat liver cytosolic acetyl-CoA hydrolase
文献著者 N. Suematsu, K. Okamoto, K. Shibata, Y. Nakanishi and F. Isohashi
文献掲載誌 Eur. J. Biochem. 268, 2700-2709 (2001)
弊社の使用製品名 PD-10, Mono Q (HR 10/10), Superdex 200 (PC 3.2/30), Smart system
弊社製品の使用目的、感想等 酵素の精製に用いました。Smart systemは、再現性が良いので重宝しています。
ご投稿者 聖マリアンナ医科大学 末松様

文献タイトル Purification and primary structure of a macromolecular-translocation inhibitor II of glucocorticoid-receptor binding to nuclei from rat liver.
The inhibitor II is the 11.5-kDa Zn2+-binding protein (parathymosin).
文献著者 Kazuki Okamoto, Fumihide Isohashi
文献掲載誌 Eur. J. Biochem. 267, 155-162 (2000)
弊社の使用製品名 SMART System, MonoQ (HR5/5), MonoQ (PC1.6/5), uRPC (C2/C18 SC2.1/10)
弊社製品の使用目的、感想等 SMART System様々やね。
ご投稿者 聖マリアンナ医科大学 岡本様

文献タイトル Crystal structure of chitosanase from Bacillus circulans MH-K1 at 1.6-A resolution and its substrate recognition mechanism.
文献著者 Saito J, Kita A, Higuchi Y, Nagata Y, Ando A, Miki K.
文献掲載誌 J Biol Chem. 274, 30818-30825 (1999)
弊社の使用製品名 カラム
弊社製品の使用目的、感想等 タンパク質の精製に使用
ご投稿者 京都大学 齋藤様

文献タイトル Stimulation of Peroxidase Activity by Decamerization Related to Ionic Strength: AhpC Protein from Amphibacillus xylanus beads
文献著者 K. Kitano, Y. Niimura, Y. Nishiyama, and K. Miki
文献掲載誌 J. Biochemistry 126, 313-319 (1999)
弊社の使用製品名 FPLC
弊社製品の使用目的、感想等 FPLCの解析プログラムUNICORNを使うとデータをデジタル化できるので,プレゼンテーションに適したきれいなゲル濾過のピークが得られました。
ご投稿者 京都大学 北野様

文献タイトル Refolding of firefly luciferase immobilized on agarose beads
文献著者 Zako,T., Deguchi, H., Kitayama, A., Ueda, H., and Nagamune, T.
文献掲載誌 J. Biochem. 127, 351-354 (2000)
弊社の使用製品名 NHS-activated Sepharose 4EF
弊社製品の使用目的、感想等 蛋白質固定化用担体として
ご投稿者 東京大学 座古様

文献タイトル Screening, Characterization, and Cloning of the Gene for N-Carbamyl-D-Amino acid Amidohydrolase from Thermotolerant Bacteria
文献著者 Yasuhiro Ikenaka et al.
文献掲載誌 Biosci. Biotechnol. Biochem. 62, 882-886 (1998)
弊社の使用製品名 Sephacryl S-300HR, and Pharmalyte 4.0-6.5
弊社製品の使用目的、感想等 蛋白の精製には貴社の製品が必須で、重宝しています。
ご投稿者 鐘淵化学工業株式会社 池中様

文献タイトル Construction of chimeric proteins between protein G and fluorescence-enhanced green fluorescent protein, and their application to immunoassays
文献著者 Ryoichi Arai, Hiroshi Ueda and Teruyuki Nagamune
文献掲載誌 J. Ferment. Bioeng 86, 440-445 (1998)
弊社の使用製品名 IgG Sepharose 6FF
弊社製品の使用目的、感想等 Protein G融合タンパク質のアフィニティークロマトグラフィー精製用担体として使用。
ご投稿者 東京大学 新井様

文献タイトル Fluorolabeling of antibody variable domains with green fluorescent protein variants: application to an energy transfer-based homogeneous immunoassay
文献著者 Ryoichi Arai, Hiroshi Ueda, Kouhei Tsumoto, Walt C. Mahoney, Izumi Kumagai and Teruyuki Nagamune
文献掲載誌 Protein Engineering 13, 369-376 (2000)
弊社の使用製品名 CNBr-activated Sepharose 4B
弊社製品の使用目的、感想等 Hen egg lysozymeを固定化して,アフィニティークロマトグラフィー精製用担体として使用。
ご投稿者 東京大学 新井様

文献タイトル Analysis of the ternary complex formation of human urokinase with the separated two domains of its receptor.
文献著者 Oda, M., Shiraishi, A., and Hasegawa, M.
文献掲載誌 Eur. J. Biochem. 256, 411-418 (1998)
弊社の使用製品名 CNBr-activated Sepharose 4B, Superose12 column
ご投稿者 東京理科大学 織田様

文献タイトル A new type of flavor precursors in Vitis vinifera L.cv. Sauvignon Blanc:S-cysteine conjugates
文献著者 Takatoshi Tominaga, Catherine Peyrot des Gachons, Denis Dubourdieu
文献掲載誌 J. Agricultural and Food Chemistry. 46, 5215-5219 (1998)
弊社の使用製品名 Chelating Sepharose 4B
弊社製品の使用目的、感想等 ブドウ果汁中に在る他の多量のアミノ酸等と構造が近似の為にこれらとの分離、精製が困難でした。なんとかシステイン残基に特異的な精製法が必要でした。そこで昔、酵素の精製で使用したこのゲルをにわかに思い付きました。このおかげで果汁30Lをわずか0.5mLに濃縮することに成功し、この新しいフレーバープレカーサーの構造確認を成し遂げました。ありがとうございました。
ご投稿者 Victor Segalen Bordeaux2 大学 富永様

文献タイトル Leech extracellular hemoglobin:Two globin strains that are akin to vertebrate hemoglobin α and β chains
文献著者 Fumio Shishikura, Takehiko Ochiai and Ikuo Yamanaka
文献掲載誌 Zool. Sci. 14, 923-930 (1997)
弊社の使用製品名 FPLC, Resource RPC, Superdex 75
ご投稿者 福島県立医科大学 落合様


電気泳動システム、試薬

文献タイトル Immunochemical Characterization of the ATP-Stimulated Glucocorticoid-Receptor-Translocation Promoter from Various Organs of Rat.
文献著者 Okamoto, K., Liu, G., Yu, W.G., and Isohashi, F
文献掲載誌 J. Biochem. 115, 862-867 (1994)
弊社の使用製品名 PhastSystem
弊社製品の使用目的、感想等 PhastSystemでSDS-PAGE→Western Blotを行い、蛋白の定量を行った。非常に迅速かつ簡便に行えて、感動している。
ご投稿者 聖マリアンナ医科大学 岡本様


アッセイシステム、細胞分離

文献タイトル Matrix Metalloproteinase-9 in Peripheral Blood Eosinophil
文献著者 Takao Fujisawa, Yoshiko Kato, Akihiko Terada, Kosei iguchi, Hitoshi Kamiya
文献掲載誌 Int Arch Allergy Immunol 120(suppl1), 65-69 (1999)
弊社の使用製品名 MMP-9 ELISA kit
弊社製品の使用目的、感想等 安定性は素晴らしいと思いましたが、何しろ高いので最低限しか測定しませんでした。ガン細胞浸潤のように、好酸球の炎症部位での浸潤とのMMPの関係を明らかにすることが目的でした。しかし、好酸球からのMMP産生量は微量なので、マイグレーションなどに関与していることは確信しているが、結局このキットの測定した結果は今ひとつだった。
しかし、現在なお好酸球の実験は続けているのでまた機会があれば測定してみたい。少なくともF社のよりはずっと使いやすかった。活性型・・というのもやってみたが、好酸球の産生が微量なので同様に画期的なデータとはならなかった。1年以上苦労したのに成果があがらない苦い思いでです。ただ、今も炎症部位での何らかの関与は常に頭において考えています。
ご投稿者 国立三重病院 加藤様


ラジオアイソトープ

文献タイトル The rpoS gene regulates OP2, an operon for the lower pathway of xylene catabolism on the TOL plasmid, and the stress response in Pseudomonas putida mt-2.
文献著者 Miura K, Inouye S, Nakazawa A
文献掲載誌 Mol. Gen. Genet 259, 72-78 (1998)
弊社の使用製品名 [gammma-32P]ATP
弊社製品の使用目的、感想等 sequencing of DNA
ご投稿者 山口大学 三浦様

文献タイトル Peripheral blood extrathymic CD4+ CD8+ T cells with high cytotoxic activity are from the same lineage as CD4+ CD8- T cells in cynomolgus monkeys
文献著者 Nam KH, Akari,H., Terao,K., et al.
文献掲載誌 Int Immunol 12, 1095-1103 (2000)
弊社の使用製品名 QuickPrep micro mRNA Purification Kit, First-strand cDNA synthesis kit
弊社製品の使用目的、感想等 カニクイザルのTCR Vβ領域遺伝子のSSCPによる多型解析に使用した。
TCR Vβ遺伝子の塩基配列解析により、胸腺外分化T細胞と考えられる末梢のCD4+/CD8+ T細胞がCD4+/CD8-細胞と同一の祖先細胞から分化したことを実証した。
ご投稿者 国立感染症研究所 寺尾様

※弊社製品の使用目的、感想等は、お客さまの使用経験に基づく記載です。


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及 び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託 先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先 に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは個人情報相談窓口(042-5855111:平日午前10時~午後5時)にて承ります。 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針