トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホームサポート・保守情報AKTAdesignサポートサイト

UV-900強度・使用時間のチェック

UVユニットからエラーが出た際や、ベースラインが落ち着かない際などに
ご確認いただくポイントです。

  1. ランプ強度のチェック方法
  2. UVフローセルの洗浄方法

1.UVランプ(UV-900)のランプ強度のチェック方法

CheckCheck Lamp Intensity
20%以下だった場合、弊社技術サービス部へご連絡ください。

CheckCheck Lamp Run Time
おおよその寿命は、
  常温設置:4,000時間
  低温設置:2,000時間です。
万一、4,000時間以上(常温設置)や2000時間以上(低温設置)が表示された場合、弊社技術サービス部へご連絡ください。

UVランプON/OFF

おおよその寿命
常温設置:4,000時間
低温設置:2,000時間

2.UVフローセルの洗浄方法

Sample Fiberエラーが出た場合や、
UVベースラインのノイズやドリフトが気になるような場合にはセルの洗浄が効果的です。

準備:UVフローセルの入口と出口につながったチュービングを取り外し、 出口側(下側)には紙タオルを数枚敷いてください

  1. 10%界面活性剤(Decon 90、Deconex 11、RBS 25等) を吸い上げたシリンジをセル上部に接続し、送液する
  2. 1.を数回繰り返した後、界面活性剤溶液をセル中に最低20分間封入する
  3. 超純水を吸い上げたシリンジを接続し、同様に界面活性剤を洗い流す
    ※汚れの原因によっては、1M NaOH、30% 2-プロパノールなども有効
UVフローセルの洗浄方法

お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及 び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託 先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先 に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは個人情報相談窓口(042-5855111:平日午前10時~午後5時)にて承ります。 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針