トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホーム製品情報BioProcess バイオ医薬品開発・製造用製品

精製ソリューション

抗体、ワクチン、血液製剤、組換えタンパク質などの目的分子ごと精製ストラテジーを詳しくご紹介しています。

→ 抗体

→ ワクチン

→ 血液製剤

→ 組換えタンパク質


抗体

抗体製造の生産性を向上させるためには、製造の下流工程のキャパシティ増加とスピードアップが必要です。これに加えて、バイオ医薬品のなかで臨床試験段階まで至るものは少ないため、製薬企業では候補になる抗体のパイプラインを拡大しつつあり ます。そして、このパイプラインを拡大するために、より多くの精製プロセスをより短いタイムフレームで開発していくことが必要となります。
この抗体精製のソリューションとして、弊社ではMAb platform approachをご提案しています。

詳細はこちら


ワクチン

ワクチンは病原菌・ウイルスへの免疫応答を促す医薬品として長い歴史を持っており、将来においても変わることなく人類に恩恵をもたらし続ける医薬品です。ワクチンとして精製される物質は、ウイルス・プラスミドDNAから天然タンパク質、組換えタンパク質まで幅広く存在し、現在開発中のバイオ医薬品の多くはワクチンに分類されます。ワクチンを開発する方法は非常に多様であり、その精製プロセスで発生する問題も様々です。

弊社では、アフィニティー、イオン交換、疎水性クロマトグラフィーをはじめとする各種の精製技術を駆使してこれらのワクチン分子を精製する方法論と製品を精力的に開発しています。

詳細はこちら


血液製剤

弊社では、1970年代から血しょうタンパク質の分離のための製品の提供を始めました。その後、血液製剤のクオリティ向上のため、多くの製造者が精製プロセスにクロマトグラフィーを取り入れてきています。
クロマトグラフィーは既存の分離プロセスに容易に組み入れることができ、血しょうタンパク質の回収に有効です。安全で高純度な血液製剤を、従来法と変わらないコスト効率で生産することが可能です。

詳細はこちら


組換えタンパク質

新しいバイオ医薬品を市場に導入するには、組換えDNA技術を使って生産されたタンパク質やペプチドを、効率よく、安全かつ高純度に精製するプロセスを設計できるか否かが成功の決め手となります。バクテリア、哺乳類細胞、酵母など、様々な細胞が目的タンパク質の発現に使用され、前処理の方法は原料ごとに異なりますが、精製プロセスを回収 (Capturing)・中間精製(Intermediate Purification)・最終精製(Pollishing) の各段階に分けて、3~5ステップにわたる様々なクロマトグラフィー手法を組み合わせるのが一般的です。
そのため、異なるクロマトグラフィー手法を効率よく組合せ、堅牢性があり、精製スケールの変化への許容範囲が広い最適なプロセスを構築することが大切です。

詳細はこちら


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)はこちらでご覧いただけます。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する