トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホームテクニカル情報配信サービスLife Science News

Life Science News & science tools BACK NUMBER

Life Science News (2006年 新春号)

Life Science News表紙
全文(PDF: 約1.4MB)をご覧いただくには、
この表紙イメージをクリックしてください。

下記タイトルをクリックすると、PDFファイルにて内容がご覧いただけます。

Innovations Forum

P.4 LC-MS/MS およびDeCyder MS を用いたオリーブアレルゲンの検出・同定・定量
P.6 in vivo 蛍光イメージング装置eXplore Optix を利用したガン組織の局在解析

Application Example

P.8 AKTAexplorer を用いたヒトIgG 糖鎖構造の解析

Customer's Voice

P.10 Ni Sepharose 6 Fast Flow /導入事例: 大腸菌で発現させたFeo A の精製

My First Choice

P.11 製品のご紹介: siRNA /ゲノムDNA 増幅/ mRNA 抽出・精製

Report

P.13 Amersham Biosciences Symposium 2005

Life Science News (2005年 新春号)

2005年 新年のごあいさつ

<Interview>上田泰己先生(理化学研究所発生・再生科学総合研究センター)

Innovations Forum

P.6 細胞周期GFPセンサーを用いたsiRNAによる機能解析スクリーニング

お詫びと訂正

本記事の印刷版の記載に誤りがありました(9ページ、本文16行目)。下記のとおり訂正のうえ、お詫び申し上げます。

:コントロールの395.3±173.7μm2と比べ229.8±98.5 μm2と明らかに増加していました(データ未掲載)。

:コントロールの229.8±98.5μm2と比べ395.3±173.7 μm2と明らかに増加していました(データ未掲載)

Product Information & Catalogues

P.10 Dharmacon社の高品質siRNA販売開始
P.11 His-tagタンパク質精製用カラム/ゲル担体
P.12 小動物用Molecular Imagers:eXplore シリーズ
P.13 Product Information
P.14 Handbooks & Catalogues

おしらせ

  • WEB会員募集中!
  • 『2004-2005 予算申請用価格表』はお手元に届いていますか?

Life Science News (2004年 冬号)

Innovations Forum

P.2 ゲノムデザイン学の必須ツールとしてのEttan DIGE
P.5 アルツハイマー病とパーキンソン病の治療へむけた新規化合物の探索法
P.8 Tricorn Mono PおよびMono QカラムによるロイコトリエンA4 加水分解酵素の精製

Product Information & Catalogue

P.10 His-tagタンパク質精製用ゲル担体
P.11 組換えタンパク質自動精製装置AKTAxpress Twin新登場
P.12 PhiシリーズでゲノムもBACもプラスミドも簡単増幅
P.13 二次元電気泳動サンプル調製キットモニターキャンペーン

特集 ~Molecular Imagingとは~
<おしらせ> 第27回 日本分子生物学会年会 バイオテクノロジーセミナー&展示会

Life Science News (2004年 秋号)

<Interview>高柳広先生(東京医科歯科大学)

Innovations Forum

P.4 創薬分野における細胞の画像解析技術の進展
P.7 Ettan MDLCによる複雑な生体試料の分離・同定
P.10 His-tagおよびGST融合タンパク質のハイスループット精製
(参考:AKTAxpressのData File(PDF:519KB)

Product Information & Catalogue

P.12 小動物用Moleculer Imagers:eXploreシリーズ
P.14 観察からイメージ解析へ:IN Cell Analyzer
P.15 パーソナルセルファンクションアナライザー:Guava PCAシリーズ
P.16 CodeLinkで実現:ラットにおける真の網羅的遺伝子発現解析
P.17 シークエンシング用大型環状DNA増幅試薬& 核酸精製用プレパックカラム
P.18 バリアブルイメージアナライザー:Typhoon Trio
P.19 二次元電気泳動システムパッケージ

Report & おしらせ

Life Science News (2004年 夏号)

p 2 GE Healthcare- 新会社発足のおしらせ

Innovations Forum

p 4 疾患プロテオミクス:Ettan DIGEシステムを用いたてんかんモデルラット脳の膜タンパク質の変動解析
p 7 アクチン重合化アッセイを用いたケモカイン誘導性の遊走の測定

Product Information & Catalogue

p 9 細胞周期解析にも対応:IN Cell Analyzer
p 10 CodeLinkで真に網羅的なヒト遺伝子発現解析
p 12 Product Information
p 14 Handbooks & Catalogues

お知らせ

p 15 サイエンスプログラムのご案内
p 16 Symposium 2004 参加お申込み受付中

Life Science News (2004年 春号)

<Interview>瀬藤光利先生(岡崎国立共同研究機構)

Innovations Forum

P.4 His-tagタンパク質精製の適用範囲と質の拡充
P.7 ELISAおよびEIAを用いた環境汚染物質の測定方法

お詫びと訂正

本記事の印刷版の記載に誤りがありました(7ページ、図2)。下記のとおり訂正のうえ、お詫び申し上げます。

(a) 肝臓 (a) 血液
(b) 血液 (b) 肝臓
vtg (ng/ml) vtg (μg/ml)
17β-estradiol Ethynylestradiol
P.10 培養細胞の数および生存率の測定―さまざまなセルベースアッセイに対応する新しい細胞解析装置

Product Information & Catalogue & おしらせ

P.12 パーソナルセルファンクションアナライザーGuava PCAシリーズ
P.14 ベストパフォーマンスのマイクロアレイ解析
P.11 ハイスループットタンパク質精製装置AKTAxpress
P.12 HisTrap HPプレパックカラムで高純度精製
P.15 新Immobilineで広域を攻める、狭域も攻める
P.19 ホームページがお応えします!
P.20 『バイオダイレクトメール』のご紹介/セミナー・トレーニングをon-lineで受付中

Life Science News (2004年 新春号)

2004年 新年のごあいさつ

Innovations Forum

P.4 Ettan DIGEシステムを使用したMAPキナーゼ経路関連リン酸化タンパク質の網羅的解析

Product Information & おしらせ

P.8 ベストパフォーマンスのマイクロアレイ解析
P.10 二次元電気泳動サンプル調製用試薬
P.11 Product Information<2003年 新製品ダイジェスト>
P.12 Catalogues & Handbooks
P.15 『バイオダイレクトメールお年玉キャンペーン』のおしらせ

Life Science News (2003年 冬号)

Innovations Forum

P.2 低分子抗ガン剤の作用機序研究における2D DIGEの応用
P.5 Ettan DIGE解析における2-D Fractionation Kitの有効性

Product Information & おしらせ

P.8 新しいHisTrapプレパックカラム関連製品
P.10 タンパク質蛍光染色試薬Deep Purple
P.11 これからは、ゲノムも増やすGenomiPhi
P.12 Product Information
P.15 <アンケート> Life Science Newsへのご意見をお聞かせください
P.16 おしらせ『第26回日本分子生物学会年会』バイオテクノロジーセミナー&展示会

Life Science News (2003年 秋号)(PDF: 1.1MB)

P.2 ●Innovations Forum
微量ゲノムDNAの簡便かつ忠実な増幅法
P.5 ●Innovations Forum
IN Cell Analyzer 3000による細胞周期のリアルタイムモニタリング
P.8 ●Innovations Forum
ヒト血清サンプルからのアルブミンおよびIgGの特異的な除去
P.10 これからは、ゲノムも増やすGenomiPhi
P.11 微生物のゲノムプロジェクト~GenomiPhiの応用~
P.12 あらゆる生体分子の精製にAKTAdesignシリーズ
P.14 プロテオミクス解析専用のパーソナル質量分析計
P.15 <バイオダイレクトメールのご紹介>
P.16 Product Information
P.19 Catalogue & Handbooks
P.20 おしらせ

Life Science News (2003年 初夏号)(PDF: 1.7MB)

P.2 ●Innovations Forum
CodeLink Bioarrayを利用した毒性研究アプリケーションの紹介
P.5 ●Innovations Forum
Ettan DIGEシステムおよびEttan MALDI-ToF Proを使用したラット肝S9フラクションサンプルのタンパク質発現解析
P.8 ●Innovations Forum
薬剤代謝・動態解析へのSPAおよびIN Cell Analyzerの応用
P.11 パーソナル質量分析計Ettan MALDI-ToF Pro
P.12 高感度で確実なウェスタンブロッティング
P.14 Tricornプレパックカラムシリーズ
P.15 マイクロアレイ解析のパーフェクトシステム
P.16 Product Information
P.19 TempliPhi 『結果が出るまでサポートします!宣言』
P.20 おしらせ

Life Science News(2003年 春号)(PDF: 1.5MB)

P.2 ●Innovations Forum
CodeLink Bioarrayを利用した低発現領域遺伝子解析データの信頼性の検証
P.5 ●Innovations Forum
Ettan MALDI-ToF Pro質量分析計によるCAFを用いたPSD解析
-リン酸化部位の検出例-
P.8 ●Innovations Forum
DeStreakの使用による二次元電気泳動パターンの明瞭化と再現性の向上
P.10 Ultrospecシリーズの新プレートリーダー&ウォッシャー
P.12 時代を変えたシークエンシング用鋳型調製試薬TempliPhi
P.14 プロテオーム解析のベストソリューション
P.16 Product Information<
P.18 Catalogue & Handbooks
P.19 がんばれ日本!タンパク精製サポートキャンペーン
P.20 おしらせ

Life Science News(2003年 新春号)(PDF: 1.5MB)

P.2 2003年新年のごあいさつ
P.3 Prize for Young Scientists のご紹介
P.4 シークエンシング鋳型調製を簡便操作で実現
P.6 Ettan DIGEによるタンパク質発現差異解析
P.8 生体分子精製の世界標準AKTAdesignシリーズ
P.10 生細胞内の生体分子の発現や動態をリアルタイムで解析
P.12 Product Information
P.14 Catalogue & Handbooks
P.15 さよならFPLCまつりon Web『FPLCふるさとへの旅旅行記』
P.16 おしらせ

Life Science News (Issue 4, 2002)

INNOVATIONS FORUM

P.2 遺伝子発現実証済み30merオリゴプローブを搭載した新マイクロアレイツール
P.4 His-tagタンパク質で確認された問題点
P.7 融合タンパク質切断時に起きるタンパク質の不安定性の克服
    オンライン版ロングバージョン

Product Information

P.9 AKTAprimeで簡単クロマトグラフィー
P.10 タンパク質二次元電気泳動のスタンダードシステム
P.11 質量分析用サンプル自動調製ロボット
P.12 ECL Advanceによる高感度ウェスタンブロッティング
P.13 キュートなフォルムのコンパクト可視分光光度計
P.14 シークエンシング鋳型調製を簡便操作で実現
P.15 マルチキャピラリーDNAシークエンサーMegaBACE 500
P.16 バイオアッセイによるPCB/コプラナーPCB/ファットヘッドミノービテロゲニン測定システム

Life Science News (Issue 3, 2002)

INNOVATIONS FORUM

P.2 Aequorea victoria 由来のGFPを利用した生細胞スクリーニングの自動化
P.5 サンプル調製キットPlusOne 2-D Clean-Up KitによるEttan DIGE解析精度の向上
P.7 Ettan Spot Handling Workstationを用いた二次元電気泳動ゲルのハイスループット処理:タンパク質スポット切り出しから質量分析まで

Product Information

P.9 二次元電気泳動専用のサンプル調製キット
P.9 低温下でもGSTタグを切断できるプロテアーゼ
P.10 Ettan DIGEによるタンパク質発現差異解析

P.11 さまざまなアプリケーションに対応できる画像解析装置
P.11 タンパク質同定のための使いやすい高性能MALDI-ToF質量分析計
P.12 AKTAprimeで簡単クロマトグラフィー
P.13 蛍光偏光を用いたcAMP測定システム
P.13 新しいMMP活性測定システム
P.14 マイクロアレイ自動ハイブリダイゼーションシステム
P.15 常温保存が可能なPCR・RT-PCR・cDNA合成キット
P.16 シークエンシング鋳型調製からデータ解析までのトータルソリューション

Life Science News (Issue 2, 2002)

INNOVATIONS FORUM

P.2 蛍光標識二次元ディファレンスゲル電気泳動技術を利用した新薬候補物質の肝細胞への作用機序解明
P.5 簡単・迅速な組立てが可能なラージフォーマット二次元電気泳動システム
P.7 CyScribe GFX Purification Kitによるマイクロアレイ解析用CyDye標識cDNAプローブ精製

Product Information

P.9 高感度マイクロアレイ解析を実現するCyDye標識プローブ作製ツール
P.10 簡便操作でスループットを向上させるDNAシークエンシングシステム
P.12 GST融合タンパク質の発現から精製まで
P.13 AKTAprimeで簡単クロマトグラフィー
P.14 信頼性あるマイクロアレイ解析データの蓄積
P.15 幅広い用途に1台で対応できる画像解析装置
P.15 再現性の高いPCR
P.16 ラージフォーマット二次元電気泳動法

Life Science News (Issue 1, 2002)

INNOVATIONS FORUM

P.2 TempliPhi DNA Amplification Kit を用いた、シークエンシング反応用鋳型DNAの簡便な調製
P.5 二次元電気泳動に最適なサンプル調製法の検討
P.8 GST融合タンパク質発現クローンの迅速なスクリーニング

Product Information

P.10 広い分子量域の有色マーカーと高感度検出ECL Plusによる正確なモニタリング
P.11 簡便で再現性の高い二次元電気泳動サンプルの調製
P.11 ラージフォーマット二次元電気泳動解析法
P.12 生体分子精製の世界標準AKTAdesignシリーズ
P.13 多機能プレートウォッシャー&リーダーと新しいMMP活性測定システム/td>
P.14 高精度マイクロアレイ解析用標識プローブの作製
P.15 再現性のあるマイクロアレイ解析
P.16 Half day Sequencingを可能にしたパーソナルシークエンサー
P.16 高精度なDNAフラグメント解析

Life Science News (Issue 3, 2001)

P2 ミレニアム企画 『先端バイオの先を読む』 第8回ゲノム解析後の新たな生物観
P6 Ni2+固定化HiTrap Chelating HPカラムによる封入体(His)6-tag組換えタンパク質の精製
P8 HiTrapカラム一覧表-シリンジがあればOKの簡単精製HiTrapシリーズ
P10 24 cm Immobiline DryStripによる二次元電気泳動のタンパク質分離能の向上と検出スポット数の増加
P12 生命科学研究における放射性および非放射性標識検出技術
-ハイスループットスクリーニングへの応用
P14 マイクロアレイ解析用高効率 CyDye標識プローブの作製

Life Science News (Issue 2, 2001)

P2 ミレニアム企画 『先端バイオの先を読む』 第6回生物学をリードする先端技術
P6 蛍光標識2-Dディファレンスゲル電気泳動統合解析プラットフォーム
P9 プロテオミクス研究に有効な、Ettan Spot Pickerを用いた二次元電気泳動ゲルスポットの自動ピッキング
P11 新規バッファーシステムを採用したラージフォーマット二次元電気泳動
P13 AKTAexplorerクロマトグラフィーシステムによるVEGFR2キナーゼドメインの自動精製
P15 cDNAマイクロアレイスライド自動処理システム Automated Slide Processor

Life Science News (Issue 1, 2001)

P2 ミレニアム企画 『先端バイオの先を読む』 第4回 免疫学の新たなステージ
P6 Z2テクノロジーを採用した質量分析計 : Ettan MALDI-ToF MS
P9 Sniper: RCA(rolling circle amplification)技術を応用した、全自動ハイスループット蛍光SNPスコアリング
P11 アガロースゲル電気泳動装置 Ready-To-Run Electrophoresis System を使用したPCR産物のハイスループットスクリーニング
P13 MMP-1およびMMP-13の新しい活性測定システム
P15 GSTrap FFカラムを用いた迅速なタンパク質精製: カラム内での限定分解による溶出法

Life Science News (Issue 3, 2000)

P2 ミレニアム企画 『先端バイオの先を読む』 第3回 脳の理解はどこまで進むか
P6 ハイスループット ゲノタイピング
P8 蛍光標識2-Dディファレンスゲル電気泳動
P10 KLH(Keyhole limpet hemocyanin) 固定カラムによるウサギ血清中の抗KLH抗体除去
P13 機能強化した新AKTAdesignクロマトグラフィーシステム
P15 「第73回日本生化学会総会」展示会プレゼント抽選券

Life Science News (Issue 2, 2000)

 
P2 ミレニアム企画 『先端バイオの先を読む』 第2回 発生学の進歩がもたらすもの
P6 GeneChip HuSNP Mapping Assay とGenFlex Tag Array を利用した SNP の解析
P8 GFX Micro Plasmid Prep Kit を用いて精製したDNAのオートシークエンス解析
P10 Typhoon 8600によるゲル蛍光の検出と画像解析
P13 プレキャストゲルと新しいゲルカセットを用いるハイスループット、ラージフォーマット二次元電気泳動
P15 多様なニーズに対応したタンパク質精製クロマトグラフィ-システム : AKTAFPLC

Life Science News (Issue 1, 2000)

 
P2 ミレニアム対談『先端バイオの先を読む』 第1回 ゲノム研究と先端医療
P6 ヒト21番染色体シークエンスとヒトゲノムプロジェクト
P9 STORMシステムによるClontech Atlas Human Cancer cDNA Macroarraysの解析
P11 narrowレンジ固定化pH勾配IPGストリップを用いたヒト胎児腎臓タンパク質の解析
P13 最新のバイオ分光光度計 Ultrospec 3000 pro
P14 ゲルろ過担体 Sephadex誕生40周年

Life Science News (Issue 4, 1999)

 
P2 GeneChipによる遺伝子発現解析
P5 FluorImagerを用いたGFPの非破壊定量解析
P8 DYEnamic ET terminator cycle sequencing kitによるハイスループットDNA塩基配列解析
P11 新規のトリチウム標識スフィンゴミエリン誘導体とSPAを用いたスフィンゴミエリナーゼ活性の測定
P13 MMP-9活性測定システムの高感度化
P15 GST融合タンパク質の迅速な精製

Life Science News (Issue 3, 1999)

 
P2 モデル生物ゲノム解析から機能への展開
P5 STORMマルチバイオイメージャーによるテロメラーゼ活性の検出
P7 LEADseekerハイスループット新薬スクリーニングシステム
P9 MMP-2活性測定システムの種交差反応性とELISAおよびゼラチンザイモグラフィーとの相関
P11 ゲル・メンブラン用自動検出処理装置MultiProcessorを用いた簡便で再現性の高いウェスタンブロット処理およびゲル染色
P14 生体分子精製の新しいプラットフォームAKTAdesign
P15 「第72回日本生化学会総会」展示会プレゼント抽選券

Life Science News (Issue 2, 1999)

 
P2 REVIEW 全自動蛍光DNAシークエンサーによる高速ゲノム解析
P5 細胞内にマイクロインジェクションしたGST融合タンパク質の抗GST抗体による検出
P7 AFLPとマイクロサテライトマーカー解析によるヤナギの遺伝的多様性の検出
P11 ゲル・メンブラン用自動検出処理装置MultiProcessorを用いた簡便で再現性の高いウェスタンブロット処理およびゲル染色
P14 生体分子精製の新しいプラットフォームAKTAdesign
P15 「第72回日本生化学会総会」展示会プレゼント抽選券

Life Science News (Issue 1, 1999)

P2 GeneChipシステムのテクノロジー
P4 FluorImagerを用いた生体分子の定量解析法
P7 DNA塩基配列解析のための次世代耐熱性DNAポリメラーゼ :Thermo Sequenase II
P9 プロスタグランジンE2測定ダイレクトEIAシステム
P11 IPGphor等電点電気泳動装置を用いた固定化pH勾配二次元電気泳動
P14 封入体ヒスチジンタグ組換えタンパク質の精製と再生

Science Tools BACK NUMBER(Vol.4, 1998)

P2 GeneChip Technology アフィメトリクス社GeneChipシステムの紹介
P5 Protein Purification
新開発の高性能ポリマー担体SOURCE 5RPCを用いたペプチドの逆相クロマトグラフィー
P8 Protein Detection
マルチバイオイメージャーStormを使用したECL Plusの検出
P11 Gene Expression
96ウェルアレーを用いた大腸菌溶菌液中のGST融合タンパク質の定量
P13 DNA Sequencing
GeneRapidによるダイレクトシークエンス法
-食道癌におけるp53遺伝子解析の経験から-
P15 Cell Biology
ドーパミンD4レセプターに対する新規の放射性リガンド[125I]L-750,667
P16 Lab Hints
AlkPhos Direct核酸標識・検出システムの標識プローブのチェック法

Science Tools BACK NUMBER(Vol.3, 1998)

P2 Protein Analysis
プロテオーム解析と二次元電気泳動
P5 Protein Purification
レクチンアフィニティークロマトグラフィーによる糖タンパク質の分離
P7 膜タンパク質の精製とクロマトグラフィーによる特性解析
P9 Cell Proliferation
Non-RI ELISAシステムによるヒト末梢血リンパ球混合培養試験  
P11 Gene Expression
大腸菌内で発現させたGST融合タンパク質のトラブルシューティング  
P13 Gene Detection
AlkPhos Direct のノーザンブロッティングへの応用

お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及 び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託 先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先 に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは個人情報相談窓口(042-5855111:平日午前10時~午後5時)にて承ります。 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針