トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホームテクニカル情報配信サービスバイオダイレクトメール > 細胞夜話

バイオダイレクトメール vol.61 細胞夜話
<第23回:想定外の大活躍 ? Jurkat細胞>

リンパ球が骨髄で過剰に生成される急性リンパ芽球性白血病はこどもによく見られる種類のガンであり、Jurkatが樹立された1970年代後半では、こどもの悪性腫瘍のうち35%を占めていました。また、放射線療法や化学療法の改良が続けられていたものの、5年以内に50%の確率で再発してしまうことも問題となっていました。

IL-2を大量につくれるIL-2はたいへん重宝されました

再発リスクを評価したり機構を解明したりするためには、リンパ芽細胞性白血病の細胞の性質をよく知る必要がありました。

 

続きを読むには…
細胞夜話バックナンバーをご覧になりたい方は、下記ボタンよりLife Sciences Academy(LiSA)のサイトへ移動 のうえ、ご登録ください。

LiSAはこちらから

細胞夜話のバックナンバーの掲載をお知らせします。


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する