トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホームテクニカル情報配信サービスバイオダイレクトメール > 細胞夜話

バイオダイレクトメール vol.50 細胞夜話
<第13回:実は培養実験の副産物 - CHO細胞>

CHO細胞のCHOはChinese Hamster Ovary(チャイニーズハムスターの卵巣)の略です。CHO細胞が初めて実験に使われたのは、今から約半世紀さかのぼった1957年のことでした。

1957年当時、培養できる細胞は異数性の細胞ばかりで、HeLa細胞のような疾患組織由来のものが大半を占めていました。当然、そのような細胞は、正常な細胞の反応を知りたい研究の場合には不向きです。そこで、当時の研究者たちが大人の正常な体細胞の培養を試みたものの、全く培養できなかったり、培養できたとしてもごく短期間で増殖しなくなったりして、研究の材料とすることはできませんでした。

 

続きを読むには…
細胞夜話バックナンバーをご覧になりたい方は、下記ボタンよりLife Sciences Academy(LiSA)のサイトへ移動 のうえ、ご登録ください。

LiSAはこちらから

細胞夜話のバックナンバーの掲載をお知らせします。


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)はこちらでご覧いただけます。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する