トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホームテクニカル情報配信サービスバイオダイレクトメール > 細胞夜話

バイオダイレクトメール vol.42 細胞夜話
<第7回:出所不明の有名細胞株 - E. coli B株>

1915年 トウォートが細菌を溶菌するウィルスを発見
1917年 デレルがトウォートとは独立に細菌を溶菌するウィルスを発見し「バクテリオファージ」と命名
1940年 デルブリュックとルリアがファージグループを設立
1945年 デルブリュックがファージの組換えを発見


Story of Escherichia coli K-12

20世紀前半、今日の分子生物学のさきがけとなる研究が、1910年代に発見されたバクテリオファージをモデルとして進められていました。細菌を殺す溶菌作用から、当時は言わば生きた抗生物質として将来性が期待されていたバクテリオファージ研究、それをただバクテリオファージの攻撃にさらされ続けることで支えたもう一方の主役が、今日の分子生物学実験でも頻繁に使用されるEscherichia coliE. coli) B株でした。

E. coli B株がはっきりとその名前を記されたのは、1939年のカルマンソンとブロンフェンブレナーのバクテリオファージの精製についての論文が最初でした。この時期には今日のE. coliBacterium coliと称されており、論文中ではBacterium coliB. coli) P.C.(またはPC)と書かれていました。

 

続きを読むには…
細胞夜話バックナンバーをご覧になりたい方は、下記ボタンよりLife Sciences Academy(LiSA)のサイトへ移動 のうえ、ご登録ください。

LiSAはこちらから

細胞夜話のバックナンバーの掲載をお知らせします。


お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及 び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託 先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先 に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは個人情報相談窓口(042-5855111:平日午前10時~午後5時)にて承ります。 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針