トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホームテクニカル情報配信サービスバイオダイレクトメール > 細胞夜話

バイオダイレクトメール vol.41 細胞夜話
<第6回:神経細胞は有限か無限か? - 神経幹細胞>

「いったん発達が終われば、軸索や樹状突起の成長と再生の泉は枯れてしまって元に戻らない。成熟した脳では神経の経路は固定されていて変更不能である。あらゆるものは死ぬことはあっても再生することはない」 (1928 Santiago Ramon y Cajal / ラモニ・カハール)

子供の頃、頭をたたくとそのたびに脳細胞が死ぬ、と言われたこと、ありませんか? 昨今では、携帯電話で1分会話すると1000個の脳細胞が死ぬ、と言われることもありますが、人間の脳細胞は生まれてからは増えることが無く日々減っていく、という考え方がどうやら一般常識として定着しているようです。今回は、その脳を巡り、長く議論の的となってきた神経幹細胞についてのお話です。

Cajalのドグマ

1000億ともいわれる神経細胞と、その10倍ものグリア細胞から成り立っている人間の脳。19世紀末、謎と神秘に満ちていたその神経のネットワークに光学顕微鏡だけを手がかりに立ち入り、ニューロン説を提唱したのがスペインのS. Ramon Y Cajalでした。彼は鍍銀染色による神経系の構造研究でGolgiと共にノーベル賞を受賞し(※1)、現在にいたる神経生物学の基盤をつくりました。そのCajalが1928年の論文の中で「成体哺乳類の中枢神経系は損傷を受けると二度と再生しない」と結論して以来、中枢神経の神経細胞は増殖しない、という定説が70年にわたって影響を与えることになりました。

神経系を構成する細胞には神経細胞とグリア細胞があり、このうち神経細胞に栄養を運び軸索を保護する役目を果たすグリア細胞は、必要に応じて分裂することができます。しかし、神経細胞は、発生初期に増殖して中枢神経系を形成した後は、分裂することがありません。Cajalは、その生涯にわたる緻密な観察を経て、高度に機能化が進み成熟したほ乳類の脳には、神経の経路に可塑性がなく神経細胞が増えることもないと結論しました。しかし長い時を経て、Cajalのドグマは彼が想定しなかった形で否定されることになります。

 

続きを読むには…
細胞夜話バックナンバーをご覧になりたい方は、下記ボタンよりLife Sciences Academy(LiSA)のサイトへ移動 のうえ、ご登録ください。

LiSAはこちらから

細胞夜話のバックナンバーの掲載をお知らせします。


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する