トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホームテクニカル情報配信サービスバイオダイレクトメール > 細胞夜話

バイオダイレクトメール vol.37 細胞夜話
<第2回:HeLa細胞のHeとLaは何?>

1951年2月1日、Johns Hopkins Hospitalに1人の黒人女性が来院しました。彼女の名前はHenrietta Lacks。数日前に下着に血液が付着しているのに気付いて診察を受けるために、彼女がJohns Hopkins Hospitalを訪れたとき、すべてが始まりました。

Hela, story of Henrietta Lacks

当時、ヒト以外の動物細胞では、細胞株が樹立され、研究に使われるようになっていました。しかし、ヒトの細胞ではまだ誰も成功していませんでした。
Johns Hopkins Hospitalで研究を行っていたGeorge GeyとMargaret Gey夫妻も、がん研究のための道具として、ヒト細胞株をつくろうと20年間研究を続けていましたが、成功していませんでした。
2人にとってはどのような種類のがんでも良かったのですが、1951年当時、婦人科学部長のRichard TeLindeの求めに応じて、2人は子宮頸部の細胞を集中的に研究していました。

 

続きを読むには…
細胞夜話バックナンバーをご覧になりたい方は、下記ボタンよりLife Sciences Academy(LiSA)のサイトへ移動 のうえ、ご登録ください。

LiSAはこちらから

細胞夜話のバックナンバーの掲載をお知らせします。


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及 び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託 先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先 に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは個人情報相談窓口(042-5855111:平日午前10時~午後5時)にて承ります。 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針