トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホームテクニカル情報配信サービスバイオダイレクトメール > 細胞夜話

バイオダイレクトメール vol.36 細胞夜話
<第1回:E. coli K-12株の「K-12」の意味は?>

今をさかのぼること半世紀以上、後にノーベル賞を受賞することになるJoshua Lederberg(1925- )の研究室で、学生たちがBacterium coli(当時はEscherichia coliではなくBacterium coliと呼ばれていました)の栄養要求性突然変異株の作成に取り組んでいました。その中で、K-12の席にいた女子学生が、たまたま2種類の変異株を混ぜ合わせると、最少培地でも生育できる原栄養体ができることを発見しました。こうして見つかった雌雄接合可能な大腸菌は、彼女の座席番号にちなんでK-12株と呼ばれるようになりました。

Story of Escherichia coli K-12

Escherichia coliE. coli) K-12株の発見については、さまざまな物語が伝えられています。中には米国の初等-中等教育制度の用語としてのK-12(Kindergarten-12 Grade:幼稚園から高校3年生まで)に関するものもあるようです。しかし、上記の座席番号の話に出てきたLederberg本人によると、座席番号の話も、学校の学年の話も、「伝説」であり、事実とは異なるそうです。
Lederbergによると、この菌自体は1922年にスタンフォード大学でヒトの糞便から分離されたものであり、K-12というのはスタンフォード大学のコレクションの管理番号だそうです。

 

続きを読むには…
細胞夜話バックナンバーをご覧になりたい方は、下記ボタンよりLife Sciences Academy(LiSA)のサイトへ移動 のうえ、ご登録ください。

LiSAはこちらから

細胞夜話のバックナンバーの掲載をお知らせします。


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する