トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホームテクニカル情報配信サービスバイオダイレクトメール > 細胞夜話

細胞夜話 第32回:ありものの使い回しで新規薬剤に対抗

昨今何かと話題になっている細菌の薬剤耐性についてちょっと調べてみた筆者の心に、ある疑問が浮かびました。さらに調べてみると、その疑問にはなかなかすっきりする答えが用意されていました。筆者の感じた「すっきり」にお付き合いいただければ幸いです。

既存のものを工夫して使いましょう

世界初の抗生物質ペニシリンが報告されたのは1928年のことでした(ペニシリンの発見自体、偶然の産物で面白いお話ですが、あまり長くなるのも何ですので、これはまたの機会に)。ただ、当時は大量生産が難しかったため、工業的に大量生産されたペニシリンが医療現場で幅広く使用されるようになったのは1940年代の前半からでした。

ペニシリンがようやく研究室から医療現場に出ようとしていた1940年、オックスフォード大学のアブラハムがある報告をします。ペニシリンを分解し、ペニシリンがもつ細菌成長抑制効果を無効にする、そんな酵素が大腸菌の抽出物に含まれていたというものでした。

 

続きを読むには…
細胞夜話バックナンバーをご覧になりたい方は、下記ボタンよりLife Sciences Academy(LiSA)のサイトへ移動 のうえ、ご登録ください。

LiSAはこちらから

細胞夜話のバックナンバーの掲載をお知らせします。


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する