Biotin CAPture Kit

Biotin CAPture Kit
Biotin CAPture Kit

PDFダウンロード

ビオチン化分子のくり返し固定化が可能なキャプチャーキット

●再生条件の検討をせずにビオチン化した分子をすぐに測定
●これまで再生することができなかったビオチン化分子のくり返し固定化が可能

Biotin CAPture Kitにはビオチン化分子の繰り返しキャプチャーに必要な試薬とプロトコールが含まれています。ビオチンキャプチャー専用のセンサーチップ(通常のセンサーチップとSeries Sセンサーチップの両方のタイプを用意しています)と高品質の試薬とあらかじめ至適化された実験プロトコールにより、ビオチン化分子のキャプチャー法のアッセイを簡単に構築することができます。

Biotin CAPture Kit のコンセプト

・一本鎖DNAを固定化したSensor Chip CAP
・センサーチップに固定化された一本鎖DNAでストレプトアビジンにコンジュゲートした相補鎖DNAをハイブリダイゼーションによってキャプチャーします
・次にこのストレプトアビジンを介してビオチン化分子をキャプチャーします
・オリゴDNAを開裂する汎用的な再生方法で、繰り返し使用できます

データファイルやアプリケーション例のPDFはビアコア専用サイトからダウンロードできます。


ご注文情報

製品 包装 コード番号 価格(円)
SDSあり。労安法(ラベル表示義務あり) Biotin CAPture Kit *1 1 キット 28920233 110,300
SDSあり。労安法(ラベル表示義務あり) Biotin CAPture Kit, Series S *2 1 キット 28920234 160,800

SDSあり。労安法(ラベル表示義務あり) SDSあり。労働安全衛生法(ラベル表示義務あり)該当製品です。

*1 Biacore 3000、Biacore 2000、Biacore 1000、Biacore X100、Biacore X にお使いください。
*2 Biacore 4000、Biacore T200、Biacore S200、Biacore A100、Biacore T100、Biacore S51にお使いください。ただし、Biacore 4000、Biacore A100、Biacore S51でご使用の場合、他機種に比べ測定回数が少なくなります。

Biacore S51およびBiacore Flexchipでは使用できません。
Biacore X100 ベースシステム ver1.1では使用できません。ご使用希望の場合は、ver2.0へのバージョンアップが必要になります。
ご使用方法についてご不明な点は、バイオダイレクトラインまでお問い合わせください。

関連製品

PD-10

フロー

Biotin CAPture Kit による繰り返し可能なキャプチャー法の手順

Biotin CAPture Kit による繰り返し可能なキャプチャー法の手順


PDFダウンロード

お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及 び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託 先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先 に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは個人情報相談窓口(042-5855111:平日午前10時~午後5時)にて承ります。 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針