Rediprime II DNA Labelling System


PDFダウンロード

DNAランダム標識キット(RI)

●プローブ標識に必要な試薬がプレミックスで常温保存可能
●標識反応後は精製せずにそのまま使用可能
●着色されているので溶液の確認が容易
●Klenow酵素とランダムへキサマー[pd(N)6]によるランダムプライム標識法を採用 

核酸のハイブリダイゼーションにおいて、RI標識プローブは高感度な検出が求められる場合に広く用いられています。
Rediprime II DNA Labelling Systemは、ランダムプライム法によりRI標識DNAプローブを手軽に作製することができるシステムです。標識反応時間はわずか10分で、RI標識ヌクレオチドの取込み効率が高いためプローブの放射活性は1.9×109 dpm/μg と非常に高く、反応後のプローブ溶液は精製せずにそのままハイブリダイゼーションに使用できます。


ご注文情報

製品 包装 コード番号 価格(円)
SDSあり。劇物 Rediprime II DNA Labelling System 30 reactions RPN1633 64,400
SDSあり。毒物 Rediprime II DNA Labelling System 60 reactions RPN1634 販売終了

SDSあり。劇物 SDSあり。医薬用外劇物(毒物及び劇物取締法にもとづく)です。
SDSあり。毒物 SDSあり。医薬用外毒物(毒物及び劇物取締法にもとづく)です。

コンポーネント

・Labelling reaction mix(buffered solution of dATP, dGTP, dTTP, exonuclease-
 free Klenow enzyme and random primers in a dried, stabilized form)
・Control DNA(300 ng of lambda Hind III DNA in a dried, stabilized form)
保存温度
2~25 ℃

資料

Rediprime II DNA Labelling Systemプロトコール

Rediprime II DNA Labelling Systemプロトコール


PDFダウンロード

お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及 び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託 先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先 に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは個人情報相談窓口(042-5855111:平日午前10時~午後5時)にて承ります。 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針