PreScission Protease

PreScission Protease
PreScission Protease

PDFダウンロード

GST融合タンパク質切断用プロテアーゼ

●PreScission Protease認識配列を持ったpGEX Vector(pGEX-6P-1、pGEX-6P-2、pGEX-6P-3)で発現させたGST融合タンパク質を切断
●切断反応の至適温度が5℃ なので、融合タンパク質の活性を損なわない穏やかな条件での切断が可能
●PreScission Protease自身がGST融合タンパク質(1)なので、切断後はプロテアーゼを含まない目的タンパク質のみの回収が可能
●認識配列:Leu-Glu-Val-Leu-Phe-Gln ↓ Gly-Pro(2)

PreScission ProteaseはGSTとヒトライノウイルス3Cプロテアーゼの融合タンパク質であるため、Glutathione Sepharose担体やGSTrap FF、GSTrap HPカラムを用いて切断反応液から容易に除去できます。5℃ でも十分な酵素活性があるので、目的タンパク質を安定な状態で回収できます。

製品には書類が添付されません。製品説明書を兼ねた試験成績書は、以下ページにて検索するとダウンロードできます。Certificate of Analysis(ご購入製品のロット番号をご入力ください)


ご注文情報

製品 包装 コード番号 価格(円)
PreScission Protease 500 units 27084301 25,600

関連製品

GST Detection Module
Glutathione Sepharose 4 Fast Flow
Glutathione Sepharose 4B
GSTrap FF
GSTrap HP
GST Bulk Kit
pGEX Vectors

仕様

PreScission Protease
反応条件・活性の定義
50 mM Tris-HCl、150 mM NaCl、1 mM EDTA、1 mM DTT、pH 7.0溶液中で16時間、5℃ で処理。1 unit は100 μg のGST融合タンパク質を90% 以上切断する酵素活性と定義
濃度
2,000 units/ml(833~1,000 units/mg)
供給状態
50 mM Tris-HCl(pH 8.0)、150 mM NaCl、10 mM EDTA、1 mM DTT、20% グリセロール溶液中
保存温度
-20℃
分子量
46,000

資料

GST融合タンパク質のPreScission Proteaseによる切断結果

GST融合タンパク質のPreScission Proteaseによる切断結果

リファレンス

1. Walker, P. A. et al., Biotechnology(NY) 12, 601 (1994).
2. Cordingley, M. G. et al., J. Biol. Chem. 265, 9062 (1990).


PDFダウンロード

お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及 び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託 先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先 に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは個人情報相談窓口(042-5855111:平日午前10時~午後5時)にて承ります。 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針