固定化金属イオンアフィニティークロマトグラフィー

固定化金属イオンアフィニティークロマトグラフィー
固定化金属イオンアフィニティークロマトグラフィー

●タンパク質の精製に幅広く適用可能
●His-tagタンパク質をはじめ、金属イオン親和性タンパク質の精製に最適
●界面活性剤や高塩濃度バッファーを必要とする膜タンパク質、タンパク質凝集物の精製にも使用可能
●Cu2+、Zn2+、Ni2+、Ca2+、Co2+、Mg2+などの金属イオンを結合
●イオン交換、疎水性相互作用クロマトグラフィーのステップを組み合せる分析、精製に応用が可能

固定化金属イオンアフィニティークロマトグラフィー(Immobilized metal ion adsorption chromatography:IMAC)は、金属キレートアフィニティークロマトグラフィー(Metal chelate affinity chromatography:MCAC)とも呼ばれています。この手法では、まず、ゲル上で遷移元素(金属イオン)を配位したキレート形成を行います。このようにキレート化した金属イオンに対して、タンパク質表面に局在しているヒスチジン、システイン、トリプトファンはアフィニティーを示します。金属イオン固定化担体とタンパク質の結合力は、配位した金属イオンの種類や溶液のpHに影響されます。金属イオンに吸着したタンパク質は競合試薬、キレート剤、低pHの緩衝液で溶出することができます。
アミノ酸のヒスチジン、システインおよびトリプトファンは、ほとんどすべてのタンパク質に存在し、さまざまな遷移金属イオンと複合体を形成します。タンパク質の結合の強さは、バッファーのpHや用いた金属イオンに左右されるので、界面活性剤や高塩濃度バッファーを必要とする膜タンパク質凝集物の精製に、この手法は特に有用です。


補足イメージ

PDF

Chelating Sepharose FFの部分構造式

テクニカルインフォメーション

PDF

固定化金属イオンアフィニティー担体、カラム

選択ガイド

PDF

Selection Guide for affinity chromatography columns and media


お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  

注)機種依存文字(①、② など)は使用できません。
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及 び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託 先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先 に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは個人情報相談窓口(042-5855111:平日午前10時~午後5時)にて承ります。 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針