Mono P Columns

Mono P Columns
Mono P Columns

PDFダウンロード

クロマトフォーカシング用カラム

●高いサンプルの濃縮効果と分離能
●信頼性が高く、再現性の高いプレパックカラム


クロマトフォーカシングを行う際には専用バッファーが必要となります。なお、弊社クロマトフォーカシング専用バッファー 「Polybuffer」は販売終了となっております。専用バッファーをお持ちでない方は、本カラムご購入時にご留意ください。

クロマトフォーカシングは、生体分子を等電点(pI)の差にもとづいて分離する手法です。使用する担体には広いpH範囲で均一な緩衝能を持つように数種類の陰イオン交換基が導入されています。サンプルを高いpHのバッファーで平衡化したカラムに吸着させた後、溶出液をPolybufferを含む低pHバッファーに切り替えると、カラム内に自動的にpH勾配が形成され、生体分子が等電点の高い順に溶出されます。
クロマトフォーカシングは高い分離能と濃縮効果を持つ手法の1つであり、等電点の差が0.05以下であるアイソザイムを分離することもできます。
5/200 GLは精密な分離に、5/50 GLはスクリーニングなどの短時間分離に適しています。

FAQ(製品Q&A)は下記リンク先をご覧ください。
クロマトフォーカシング
カラムメンテナンス


ご注文情報

製品 包装 コード番号 価格(円)
SDSあり。労安法(ラベル表示義務あり) Mono P 5/50 GL 1 本 17517001 販売終了
SDSあり。労安法(ラベル表示義務あり) Mono P 5/200 GL 1 本 17517101 販売終了

SDSあり。労安法(ラベル表示義務あり) SDSあり。労働安全衛生法(ラベル表示義務あり)該当製品です。

関連製品

Mono Q, Mono S Columns

仕様

Mono P Columns仕様
カラムサイズ
Mono P 5/50 GL
0.5×5 cm
Mono P 5/200 GL
0.5×20 cm
ベッド体積
Mono P 5/50 GL
1 ml
Mono P 5/200 GL
4 ml
ゲルマトリックス
ポリスチレン架橋ジビニルベンゼン
粒子径
10 μm
排除限界
107 Da
限界圧
4 MPa
最大サンプル添加量*
Mono P 5/50 GL
5~10 mg
Mono P 5/200 GL
20~40 mg
推奨流速
0.5~1.5 ml/min
pH安定性
2~12(通常)、1~14(短期)

1 MPa=10 bar=145 psi
* 添加量はサンプルにより異なります。高分子サンプルの場合は、添加量が制限される場合があります。

補足イメージ

PDF

クロマトフォーカシングによる濃縮効果

PDF

Mono P HR 5/20によるヘモグロビンA2とヘモグロビンEの分離


PDFダウンロード

お問合せフォーム
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)は「こちらで»」ご覧いただけます。
※ファイルを添付してのお問合せは、お手数ですが「Tech-JP@ge.comまでメールにて」お問合せください。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご記入いただく個人情報は、当社製品・サービスの提供及び販売促進、当社製品に関する情報の収集・分析及 び提供、新製品・新サービスの研究開発等並びに市場調査のために利用します。当社は個人情報を業務委託 先に預ける場合がありますが、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範に従い、委託先 に対する必要かつ適切な監督を行います。個人情報に関するお問い合わせは個人情報相談窓口(042-5855111:平日午前10時~午後5時)にて承ります。 GEヘルスケア・ジャパン株式会社 個人情報管理責任者
個人情報保護に対する基本方針