GEヘルスケア・ジャパン株式会社 ライフサイエンス統括本部 トップページに戻る

BLOG 実験を成功に導く小ネタと事例を紹介するブログ

クロマトグラフィー

2017-11-08 13:50:00

SEC-MAL分析を成功させるためのゲルろ過カラム操作のヒント - 4つのよくあるトラブルと解決方法

ゲルろ過クロマトグラフィーは、タンパク質の分子量を測定する方法として簡単かつ分取可能という長所を持っています。

一方で、タンパク質の立体構造の違いや、疎水性、イオン性の違いにより、絶対分子量を測定することができないという短所があります。

ゲルろ過クロマトグラフィーの長所を活かしつつ、絶対分子量や溶液中での回転半径を求めることができる多角度光散乱検出器(MALS, multi-angle static light scattering)を組み合わせたSEC-MALS分析は、分子量測定のための共通テクニックの1つです。

SEC-MALS分析を成功させるためのゲルろ過カラム操作のヒントを、4つのよくあるトラブルと解決方法に分けてご紹介します。

詳しくは「こちらから(英文ページ)

Superdex 200 Increase 10/300 GLをSEC-MALS分析に用いた事例を含む論文も発表されています。
詳しくは下記のリンク先からご参照ください。(以下すべて英文ページ)




≪ BLOGインデックスへ戻る