GEヘルスケア・ジャパン株式会社 ライフサイエンス統括本部 トップページに戻る

BLOG 実験を成功に導く小ネタと事例を紹介するブログ

細胞

公開日:2018-01-30 10:30:00

細胞内DDSが生きた細胞で可視化できる!

最近、多くの製薬企業では、抗体医薬や核酸医薬など、これまでよりもより精度高くターゲットに薬剤を作用させる医薬品の開発が盛んになっています。当然ですが、作用機序もより複雑になり、より正確に候補化合物が細胞内でターゲットに運ばれて働いているか?を知ることが極めて重要になっています。このいわば細胞内DDSについて、特にスクリーニングをデザインする前に詳しく把握できていないと、望み通りの候補化合物が取れなかったり、スクリーニングデザインを一からやり直す必要が出てくることもあります。

細胞内での医薬品の局在や動きを観察する方法として、これまで共焦点顕微鏡が中心に用いられてきました。共焦点顕微鏡はご存じのとおり撮影時に拡散した光を取り除き、よりシャープで高コントラストな画像が得られる技術です。

ところが、この共焦点顕微鏡技術であっても、細胞内DDSではオルガネラの内外の解像度レベルで目的化合物があるかどうかを判断するには、解像度が足りません。

≫ 続きを読む...


公開日:2017-10-03 11:30:00

DeltaVisionでFRETイメージングをやってみよう

DeltaVision Eliteは、デコンボリューションに最適化された顕微鏡で、レーザーを使わず優しい照明系で高解像度かつ明るいライブ画像が撮れます。最大7色の光源を搭載し、CFP-YFP のFRETイメージングも行えます。標準でFRETの解析ソフトウェアもついています。

システムの仕様を読み上げれば、FRET解析に最適であること間違いなしですが、実は・・・自分たちの手で実際のサンプルをつかって試した経験がありませんでした。

過去にIN Cell Analyzerでアプリケーションノート(以下のIN Cell AnalyzerによるFRET解析事例)を作成したことがありましたが、DeltaVsion Eliteで試したことはなかったのです。

≫ 続きを読む...


公開日:2017-07-04 11:30:00

100 nmのものを生きたまま観察~予測した現象がみえる?

こんにちは、GEヘルスケア・ジャパンの高田と申します。
高解像度・超解像度顕微鏡、イメージングサイトメーターの担当として皆さまの研究を日々サポートさせていただいております。
私たちは、イメージングサイトメーターIN Cell Analyzer 2500HS/6500HSなどのデモンストレーションを行う際、サンプルとしてEGFP融合FYVEを安定的に発現させたU2OS細胞を使用することがあります。
FYVEはPI3Kinaseによってリン酸化されるドメインの1つで、リン酸化されるとエンドソームに凝集します。
その性質を利用することでPI3Kinase活性のインジケーターとなるのです。

デモの際には、「リン酸化阻害剤Wortmannin処理によって、粒々の数が減少します」などと紹介をしてきましたが、当社ラボにDeltaVision OMX SRが届いたその日から、今まで粒々だと思っていたものが粒々ではないことに気づかされました。FYVEはPI3Kinaseによってエンドソームの膜表面に集まり、それは確かな袋様に観察できたのです。

≫ 続きを読む...


公開日:2017-04-04 11:30:00

オートファジー研究の最前線とライブセルイメージングの難しさ - お客様の声紹介

こんにちは、GEヘルスケア・ジャパンの波田野と申します。
高解像度・超解像度顕微鏡の担当として皆さまの研究に関するお問合せを日々電話にてサポートさせていただいております。
光学顕微鏡をお使いの方のサポートをさせていただいていると、次の課題として
「ライブセルイメージングによる生きたままの細胞での生命現象の解明」
を目標にしていらっしゃる方とお話をする機会がございます。その中でも、実際にやってみると、

  • シグナルが弱くて十分な情報がとれない
  • シグナルを十分に取るために励起光を強くすると細胞が死んでしまう
  • そもそも見たい現象が観察できているかどうかわからないデータが出てしまった

といった課題に直面している方も多いようです。

≫ 続きを読む...


公開日:2015-09-25 16:52:04

ライブセルイメージングで観る細胞内HIV感染の様子

仮面ライダー こんにちは、GEヘルスケア・ジャパンです。本日は弊社営業マン達から「仮面ライダー」と呼ばれている細胞イメージをご紹介します。個人的には、その色合いからも「スパイダーマン」ではと思うのですが…。しかし、注目すべきはその顔的な部分ではなく、緑色に光るHIV(Human Immunodeficiency Virus)粒子です。....

≫ 続きを読む...


公開日:2015-09-25 16:50:18

神経細胞内のアクチン一本一本を鮮明に観察

分裂期PTK1細胞 この画像は、神経細胞において伸長途中の軸索末端領域に形成される成長円錐を撮影したものです。緑色に光っているのが、アクチンを示しています。神経細胞を研究されているお客さまにご覧いただくと「蛍光顕微鏡で見るとぼんやりとしか見えないアクチンが、一本一本鮮明に観察でき、かつ細かな内部構造が立体的に見えるのがすごいね。」というようなコメントをいただきます。ちなみに、1997年のCell Motility and the Cytoskeleton vol.37 issue.1の表紙も飾りました。....

≫ 続きを読む...


公開日:2015-09-25 16:47:10

蛍光顕微鏡の限界を超え、紡錘体を繊維状にとらえる

分裂期PTK1細胞 写真は分裂期の染色体中に形成される動原体(赤)に緑色の繊維状の紡錘体微小管が結合している様子を立体的に観察したものです。この写真をお客様にご覧いただくと「こんなに細かい構造まで見られるんですね。」とよく驚かれます。

共焦点顕微鏡などを含めた一般的な蛍光顕微鏡には、光の波長に依存した解像度の限界があります。そのため、....

≫ 続きを読む...


≪ BLOGインデックスへ戻る