トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホーム実験手法別製品・技術情報RI標識プローブの作製とハイブリダイゼーション

 

RI標識プローブの作製とハイブリダイゼーション

核酸のRI標識法は、鋳型DNAの長さや標識位置、アプリケーションで求められるプローブの比活性などを考慮して選択します。オリゴDNAでは末端標識法が、数百塩基以上の長さのDNA標識には高比活性プローブが得られるランダムプライマー法が使用されます。標識反応後は、ゲルろ過法により未反応の標識ヌクレオチドを除去してプローブDNAを精製します。

マニュアル

製品情報


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)はこちらでご覧いただけます。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
ご所属[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する