トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホーム実験手法別製品・技術情報 > 節電支援製品

イメージ:節電型電球と若葉

節電支援製品

電量消費が特に大きい機器は、実験ワークフロー上不可欠であることもしばしばです。そのため、多くのラボでは、細かな節電施策を積み重ねて合計XX%削減、といった取組みをされることが多いのではないでしょうか。

このコーナーでは

  • 電気を使わなくて済むようになる
  • 従来品よりも省エネ
  • 常温保存できる
  • 機器の使用回数を減らせる

こういった、いろいろな切り口でラボの節電をお手伝いできそうな製品をご紹介します。


コントロールPCの消費電力を見落としていませんか?一般的なノートPCでも50~100Wを消費します。PCいらずの機器に切り替えることで、実験の流れはそのままに節電できます。

試薬やサンプルの常温保存

試薬やサンプルを常温で保存することにより、冷蔵庫・冷凍庫のスペースを節約できます。

【DNAを常温保存】 クローンセーバーカード

プラスミドなどのDNAサンプルを直接カードに浸み込ませるだけで、簡単に固定化できます。クローンセーバーカードを用いて固定化したDNAは、常温で長期保存(10年以上)できます。フリーザーのスペース確保、万一の停電に備えた予備サンプルの準備にお役立てください。

【試薬を常温保存】 illustra Ready-To-Go

Ready-To-Goビーズ写真

illustra Ready-To-Goフォーマットの試薬は、水を加えることにより酵素が活性化します。したがって、湿気を含まないよう乾燥剤(すでに製品の中に入っています)を入れ、ポーチの口をきちんと閉めてデシケーター内で保存していれば、常温で保存可能です。

PCR試薬

PCR以外のReady-To-Go製品

 

夜間電力活用でピークシフト

電力消費量が特に問題になるのは、昼間の電力消費量がピークになる時間です。自動処理できる装置なら夜間電力を活用して実験を進めることが容易になります。

【ブロッティング・染色は夕方仕掛けて翌朝回収】 ゲル・メンブレン用自動検出処理装置

MultiProcessorは電気泳動ゲルの銀染色、ECLウェスタン検出処理など、タンパク質・DNA検出の際の振盪や溶液交換作業を自動で行う装置です。試薬を準備してプログラムをスタートさせるだけで、あとは装置が自動で処理します。

機器の使用回数を削減

電力を消費する機器を使わずに実験ができれば、機器の消費電力分を節約できますし、万一の停電の際にも、作業をすすめることができます。

Protein G Mag Sepharose Xtra写真

【遠心分離なしでタンパク質を精製】 タンパク質精製用磁気ビーズ

Mag Sepharoseシリーズは、タンパク質を高収量・高純度に分離・精製するために開発された磁気ビーズです。磁気ラックを用いて集合させるため、遠心分離による沈殿を行わずに高純度の抗体を回収することが可能です。

 

実験時間を短縮・複数のワークフローを集約

これまで個別に行なっていた作業をまとめて行うことで、時間を短縮できます。これまで数時間かかっていた作業が短時間で済むことを活かして、電力消費量がピークになる時間を外して作業するといった、柔軟な対応が可能になります。

【タンパク質/DNA/RNAを同時に抽出】 illustra triplePrep Kit

ゲノムDNA、total RNA、総タンパク質を同一サンプルから手軽に短時間で抽出・精製できるキットです。それぞれを個別に抽出・精製する場合には数時間もかかっていた作業を1時間以内に完了できます。


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)はこちらでご覧いただけます。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
ご所属[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する