トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホーム実験手法別製品・技術情報PCR・RT-PCR法

 

PCR / RT-PCR法

PCR法は、ゲノムDNAなどをテンプレートにして、増幅したい領域の両端に相補的なプライマーと耐熱性DNAポリメラーゼを用いてサイクル反応(プライマーとのアニーリング→伸長反応→二本鎖の解離)を行うことにより、目的とするDNA領域を増幅する方法です。この方法を応用したDNAプロファイリングに、RAPD(DNA多型)などの解析があります。

PCRの1つの手法であるHot Start法では、実験準備中の非特異的プラミングおよびプライマーダイマーの形成を抑制することで、より増幅性・特異性の高い結果が期待できます。

また、RT-PCR法はcDNAクローニングや遺伝子発現解析に有用な手法です。細胞や組織からRNAを抽出したあとに、プライマーDNA、逆転写酵素によりfirst-strand cDNAを合成します。このcDNAをテンプレートにしてPCRを行います。cDNA合成からPCRまでを連続して行う方法(one-step法)と、cDNA合成とPCRのステップを別途行う方法(two-step法)とがあります。


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)はこちらでご覧いただけます。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
ご所属[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する