トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホーム実験手法別製品・技術情報疎水性相互作用クロマトグラフィー

 

疎水性相互作用クロマトグラフィー

疎水性相互作用クロマトグラフィー(HIC)は生体分子表面の疎水性の違いにもとづいて分離精製を行う手法です。単独あるいは他のクロマトグラフィーの手法と組み合せることで高い精製効率を達成します。また、生体分子の担体への吸着を高塩濃度の条件下で行うため、硫安沈殿やイオン交換クロマトグラフィーの後の精製に適しています。ゲル担体に導入された疎水性リガンドの密度が低いので、逆相クロマトグラフィーよりも生体分子の生体活性を維持した温和な条件で精製できます。


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)はこちらでご覧いただけます。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する