トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホーム実験手法別製品・技術情報His-tagタンパク質の発現・精製・検出

 

タンパク質発現・精製:His-tagタンパク質の発現・精製・検出

組換えタンパク質発現系は、目的タンパク質を大量に生産し、簡便かつ高純度に精製することができる手法として多用されています。His-tagタンパク質は、6~10残基のヒスチジンを含む短いペプチドを末端*に付加したタンパク質であり、タグ部分の分子量が小さいために目的タンパク質の活性や構造への影響が少なく、精製方法がほぼ確立されていることから、組換えタンパク質の精製と検出に広く使われています。

アミノ末端・カルボキシル末端のいずれかに付加するのが一般的ですが、両端に付加する場合もあります。

実験ガイド

セミナー/トレーニング

アプリケーションノート

カタログ

お客さまデータ紹介

製品情報

FAQ(製品Q&A)


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)はこちらでご覧いただけます。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
ご所属[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する