トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホーム実験手法別製品・技術情報2D DIGE(蛍光標識二次元発現差異解析)

2-D Fluorescence Difference Gel Electrophoresis
蛍光標識二次元ディファレンスゲル電気泳動解析システム

2D-DIGE(2 Dimensional Fluorescence Difference Gel Electrophoresis)は、サンプル間でタンパク質発現量の比較を行う解析手法である「タンパク質ディファレンス解析」のための技術です。2001年末から販売しているEttan DIGEシステム(技術概要についてはこちら)は、改良を重ねた弊社独自の技術とノウハウにより2D-DIGE技術のパフォーマンスを最大限に引き出します。特殊デザインされた専用蛍光試薬、特許技術であるスポット検出方式「Co-Detection機能」を装備した専用解析ソフトウェア、2D-DIGEに対応するようアップグレードされた蛍光イメージャー、至適化された実験プロトコールが高精度の解析をサポートします。今日では、タンパク質ディファレンス解析におけるスタンダードな手法としてEttan DIGEシステムが利用されるに至り、バイオマーカータンパク質の探索、病態解析、タンパク質製剤の品質管理、リン酸化シグナル伝達機構の解析など幅広い用途にご使用いただいています。


イベント

実験手法

アプリケーションノート


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)はこちらでご覧いただけます。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する