トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホーム実験手法別製品・技術情報

Dharmacon shRNA Top

siRNA
siRNA
microRNA
ゲノム編集
遺伝子過剰発現
トランスフェクション
Libraries
Cherry-pick Libraries
 



製品選択ガイド

shRNA とは、RNA干渉による遺伝子サイレンシングのために用いられるヘアピン型のRNA配列です。shRNAはベクターによって細胞に導入され、恒常的あるいは誘導的に発現します。通常このベクターは娘細胞に受け継がれ、遺伝子サイレンシングの効果も受け継がれます。shRNAのヘアピン構造は細胞内でsiRNAへと切断され、RNA誘導サイレンシング複合体(RISC)と結合します。この複合体はsiRNAと相補的な配列を持つmRNAに結合し、切断します。



shRNA製品タイプおよび特長

下表を参考にして研究目的にあったshRNA発現レンチウイルスベクターをご選択ください。

SMARTvector
Leniviral
shRNA
SMARTvector
Inducible
Leniviral shRNA
GIPZ
Lentiviral
shRNA
TRIPZ
Inducible
Lentiviral
shRNA
TRC
Lentiviral
shRNA
生物種ヒト・マウス・ラットヒト・マウス・ラットヒト・マウスヒトヒト・マウス
shRNAの種類microRNAベースシンプルヘアピン
プロモーター7種類から選択4種類から選択Human CMV Pol IITRE min-CMVU6 Pol III
蛍光マーカーTurboGFP/
TurboRFP/無し
TurboGFP/TurboRFPTurboGFPTurboRFP-
shRNA発現の
誘導性
---
製品
フォーマット
大腸菌
グリセロール
ストック
高力価ウイルス粒子
大腸菌
グリセロール
ストック
高力価ウイルス粒子
大腸菌
グリセロール
ストック
高力価ウイルス粒子
Starter Kit
大腸菌
グリセロール
ストック
Starter Kit
大腸菌
グリセロール
ストック



FAQ(製品Q&A)
→ shRNAに関するFAQ
製品カタログ・選択ガイド
→ 遺伝子発現調節試薬カタログ(shRNA/microRNA発現レンチウイルスベクター、cDNA/ORFクローンコレクション)(PDF:4.04 MB)
アプリケーションノート
→ Lentiviral shRNAmir for Stable and Regulatable RNAi(PDF:2.5 MB)
→ SMARTvector shRNA Lentiviral Platform: Elucidating the Role of Factors Important in Neurite Outgrowth(PDF:1.5 MB)
→ Development of the Dharmacon SMARTvector Lentiviral shRNA microRNA-adapted scaffold and algorithm for functional shRNAs(PDF:728 kB)


▲ページTOPへ


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)はこちらでご覧いただけます。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
ご所属[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する