トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホームサポート・保守情報お客さまの声・データ紹介

DeltaVisionお客さまの声

 

 

お客さまサンプル画像紹介

DeltaVision Eliteで撮影したお客さまサンプルの画像紹介

北海道大学 医学部 解剖学講座 解剖発生学分野   内ヶ島 基政 様

「共焦点レーザー顕微鏡と比較して画像取得が速く印象的でした。zスタック画像取得の上で大きなメリットになると思います。デコンボリューション後の画像は共焦点のものに匹敵する分解能を持っていると感じました。」
 

神戸大学大学院医学研究科 薬理学分野
古屋敷 智之 先生/北岡 志保 先生

「細かい構造がくっきり見えるDeltaVisionのイメージは感動的でした。」
 
 
 

慶應義塾大学医学部解剖学(仲嶋研究室)
久保健一郎様、北澤 彩子様

「画像の取得が迅速で、3D画像を取得する際に感じるストレスは随分軽減される印象です。
なお、この写真に関連した論文(海馬神経細胞の移動に関する知見を報告する論文)は、今年度の1月に発表することができました。→ 関連した論文はこちらから

国内研究者様(非公開)

「21点撮影、5分間隔で191回、約16時間の撮影でした。21点2色を1分くらいで撮れました。」

京都大学 白眉センター/生命科学研究科
今村 博臣 先生

「よく考えられた光学系と使いやすい専用ソフトで、簡単に高画質の蛍光画像が得られた。」

京都大学大学院医学研究科 法医学
尾関 宗孝 先生

「いつもの操作で1ランク上の高画質な画像が得られる。」
 

 

DeltaVision OMXシリーズで撮影したお客さまサンプルの画像紹介

神戸大学大学院医学研究科 薬理学分野
古屋敷 智之 先生/北岡 志保 先生/谷口 将之 様

Z軸方向の解像度にも優れ、スパインの形状を立体的に撮影できるため、より正確なスパインの形態解析が可能になると思いました。

サンプル名称
マウス脳切片(内側前頭前皮質)における神経細胞のスパイン構造
蛍光標識
mCherry (Cre-loxPシステムを用い、神経細胞選択的にmCherryを発現)
 

 

 

お問合せフォームはこちらから
超解像度&高解像度の細胞の世界

お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)はこちらでご覧いただけます。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
ご所属[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する