トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホームテクニカル情報配信サービスGE Pharma Mail

UNICORNおよびDeltaVによるクロマトグラフィーの自動化

Emerson Process Managementから提供されているEmerson DeltaVデジタル自動化システムは、大規模な医薬品製造のコントロールシステムとして、確かな評価と実績を誇ります。PlantWebのフィールド型アーキテクチャーが、精密なプロセスコントロール、予防的メンテナンス、製薬業界特有な文書の作成を提供します。DeltaVは、GEヘルスケアのCustomized BioProcess System(CBS)エンジニアリンググループが提供するプロセスクロマトグラフィーソリューションと合わせてのご提供できるようになりました。


新薬開発プロジェクトを迅速に遂行し製品化までの時間を短縮することはすべての製薬会社の目標です。Emerson DeltaVはこの目標を達成する上で多くの製薬会社を支援してきました。時間短縮を実現するDeltaVのオープンアーキテクチャーや、そのプロセス遵守文書作成機能の自動化は高く評価されています。GEヘルスケアは今回、CBSエンジニアリンググループの提供する全自動化システムにDeltaVの優れた機能を統合しました。

一体型コントロール プラットフォーム

GEヘルスケアのCBSエンジニアリンググループはタンパク質精製における専門的知識と実績ある分散制御システム(DCS)の利点を組み合わせて、下流プロセス精製を行うお客さまにとって有益な新しいソリューションを提案します。これはプロセスクロマトグラフィー用のDeltaV DCSを利用したプラットフォーム構成としては最初のリリースです。提供するソリューションはいずれも、クロマトグラフィー用ソフトウエアおよびハードウエアのカスタマイズです。

CBS DeltaV プラットフォーム:一貫したプラント制御

CBS DeltaVプラットフォームソリューションは、柔軟な製法開発および解析機能などのユニークな利点を有します。DeltaVプラットフォームはsmall-phase定義の利点を用いて、一般的なDCSで通常可能なレベルよりも柔軟にバッチ運転への調整が可能です。また、DeltaVデータベースの精製データを、UNICORN評価モジュールで読み取り可能なフォーマットとしてエクスポートすることもできます。さらには、既存のDeltaV設備に容易に統合することができます。

UNICORN OPC:円滑に成功へ導く戦略

UNICORNは精製プロトコールの開発における柔軟なソリューションを提供します。プロトコールを容易に調整、至適化できるこの機能は、プロセス開発の初期段階や第I相、第II相開発段階での製造において特に有効です。UNICORNはどの開発段階でも使用でき、DeltaVはプロセス全体を一元化することができます。DeltaVは統合されたバッチ運転だけでなく、バッチ記録に対してのソリューションにもなります。具体的には、DeltaVは全体的なプロセスコントロールのためのインフラおよびバリデーション全体の電子バッチ記録(EBR: Electronic Batch Record)を提供し、UNICORNは精製プロセスにおけるクロマトグラフィー手順をコントロールします。後者は通常、実験室での至適化からパイロットスケールでの開発そして製造に至るまでの複数の段階で使用します。UNICORNのOPCサーバーとそれに対応するDeltaVのOPCクライアントは、それぞれのシステムの利点を共に提供するシンプルで効果的な手段です。

詳細情報


■データファイル
 CBS DeltaV Standard Control Platform - Data File 28-4074-95(PDF:539KB)
■アプリケーションノート
 Integrating UNICORN and DeltaV - Application Note 04-0025-77(PDF:165KB)


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)はこちらでご覧いただけます。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
ご所属[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する