トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホームテクニカル情報配信サービスGE Pharma Mail

ウイルスのイメージ

ワクチンおよびベクターの精製技術

ワクチンおよびベクターの精製技術 - 目次


現代のワクチンおよびベクター精製の課題への取組み

タンパク質ベースの医薬品同様、ワクチンやベクターも規制当局から綿密な調査を受け、安全性および有効性の厳密な基準が要求されます。バイオ医薬品製造会社自身もまた製品に高い自主基準を設定しています。すなわち、このような企業の課題とは安全なバイオ医薬品を迅速かつ予算の範囲内で市場に出すことです。

GEヘルスケアではこのような要求を十分に満たせる装置、サービスを揃えています。新規ワクチンを含むFDA承認済みのバイオ医薬品の約90%、そしてラボスケールで調製されるタンパク質のおよそ70%が弊社のクロマトグラフィー関連製品を精製に使用しています。

バイオ医薬品製造のすべてのプロセスを網羅するスキルとノウハウ

弊社のマイクロキャリア細胞培養、クロマトグラフィーならびに膜ろ過システムは、実験室スケールからパイロットスケール、製造スケールまでを網羅し、世界中で使われています。例えば、Cytodexマイクロキャリアを用いた製造用の細胞培養は、保健医療を目的としたヒトおよび動物用ウイルスワクチンの製造において信頼性および費用対効果の高い手段として実証されています。

弊社はR&D、技術支援および問題解決のノウハウをもとに、あらゆるステージにおいてお手伝いすることができます。ダウンストリームに関して言えば、ワクチンおよびウイルスベクターの精製要件に精通しています。ウイルス精製はサブタイプごとに特性が異なる、高分子量、表面特性が複雑、損傷を受けやすい構造などの特有の課題を抱えており、さらに、多くの場合安定なpH範囲が限られています。従来のタンパク質ベースのアプローチに変更が必要な場合は、弊社がその解決策をご提案します。

高分子のワクチンおよびベクターパイプラインにおける課題を解決し、さらに世界中から強く要求されているより優れた新規製品を実現するため、GEヘルスケアは生体分子の製造および精製を全面的にサポートしています。

ここでは、以下のポイントに焦点を当てます。

製造施設の写真
インフルエンザワクチンの大規模製造用製造棟内部(Baxter Biosciences Corp.の許可を得て複製)

次へ(ワクチンおよびベクターの精製ならびに製造戦略)

参考文献

  1. Belew, M. et al. Purification of recombinant hepatitis B surface antigen produced by transformed Chinese hamster ovary (CHO) cell line grown in culture. Bioseparation 1, 397-408 (1991).
  2. Scale up of a cost-effective and generic purification process for plasmid DNA. Life Science News Vol 16, 16-17, Code No 11-0003-48.
  3. Scale-up of a method for highly pure plasmid DNA. Downstream 38, 20-21 (2004). Code No 11-0012-70.
  4. Brument, N. et al. A versatile and scalable two-step ion-exchange chromatography process for the purification of recombinant adenoassociated virus serotypes-2 and -5. Molecular Therapy 6, 678-686 (2002).
  5. Herzer, S. et al. Key Issues in the process development of purification procedures for viral vector and plasmid biopharmaceuticals. BioProcessing Journal 4, 67-72 (2005).
  6. Pitarresi, T.M. et al. Purification of plasmid DNA on an anion exchange column without the use of RNase to process scale. Molecular Therapy 9, (Supplement 1) 53-54 (2004).
  7. Herzer, S. Process design and scale-up of viral vector gene therapy products: New purification challenges. Cell & Gene Therapy 1, 43-48 (2004).
  8. Diogo, M.M. et al. Studies on the retention of plasmid DNA and Escherichia coli nucleic acids by hydrophobic interaction chromatography. Bioseparation. 10, 211-220 (2001).
  9. Ferreira, G.N. Cabral, J.M. and Prazeres, D.M. Purification of supercoiled plasmid DNA using chromatographic processes. J. Mol. Recognit. 11, 250-251 (1998).
  10. Diogo, M.M. et al. Production, purification and analysis of an experimental DNA vaccine against rabies. J. Gen. Med. 3, 577-84 (2001).
  11. Jendrek, S. and Ekstrom, D. et al. Development of a production and purification method for type 5 adenovirus. BioProcessing Journal 4, 42-47 (2005).
  12. Blanche, F. et al. An improved anion-exchange HPLC method for the detection and purification of adenoviral particles. Gene Ther. 7, 1055-1062 (2000).
  13. Purifying human influenza virus vaccine - towards a generic strategy. Downstream 37, 20-21 (2004) Code No 11-0008-46.

Separating viral particles with "Q Sepharose XL" products may require a license under United States patent 6,537,793 B2 and foreign equivalents owned by Centelion SAS. Such a license is not included with the purchase of "Q Sepharose XL" but is included with the purchase of "Q Sepharose XL virus licensed" products. With the purchase of "Q Sepharose XL virus licensed" the customer is granted a free limited license under US patent 6,537,793 B2 and foreign equivalents owned by Centelion SAS to separate viral particles solely through use of the product purchased.


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)はこちらでご覧いただけます。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
ご所属[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する