トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホームテクニカル情報配信サービスバイオダイレクトメール > 細胞夜話

バイオダイレクトメール vol.58 細胞夜話
<第20回:ゲノムなんてバラバラになっても平気です - Deinococcus radiodurans

20世紀初頭にはX線を照射することで微生物を殺せることがわかっていたため、第二次世界大戦前から食品の滅菌に放射線を使うことが提案されてはいました。しかし、実際に本格的な開発がはじまったのは第二次世界大戦終了後のことです。開発は主にアメリカで進められたため、当然、対象となる食品には肉製品が多く含まれていました。

イメージ画像

そんな流れの一環として、今から約50年前の1956年にオレゴン農業実験所で缶詰にした牛肉の滅菌にガンマ線が使えるかどうかの試験が行われました。滅菌されているはずの缶詰を22度または38度で保温しておいたところ、膨らんだ缶詰が見つかりました。

 

続きを読むには…
細胞夜話バックナンバーをご覧になりたい方は、下記ボタンよりLife Sciences Academy(LiSA)のサイトへ移動 のうえ、ご登録ください。

LiSAはこちらから

細胞夜話のバックナンバーの掲載をお知らせします。


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)はこちらでご覧いただけます。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
ご所属[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する