トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホームテクニカル情報配信サービスバイオダイレクトメール > 細胞夜話

バイオダイレクトメール vol.51 細胞夜話
<第14回:系の構築に50年 - 昆虫の安定培養>

農作物や樹木の害虫駆除という目的があったためか、昆虫細胞培養の歴史は長く、動物細胞の培養が始まって間もない頃に最初の試みが行われています。しかし、安定した長期培養ができるようになるまでに実に50年もの年月を要したのでした。その時期になされた重要な研究の多くで、ガの細胞が用いられていました。

動物細胞の培養のはじまり

19世紀の後半から、多細胞生物の個体から切り取った組織を試験管内で維持しようという試みが行われていました。1907年、ハリソンがついにカエルの神経細胞の培養に成功し、その当時問題になっていた神経線維は神経細胞それ自身に由来するのか細胞の周辺で形成されるのかという議論に決着を付けました。この実験ではカエルの神経細胞の培養にカエルのリンパ液を使用していました。

昆虫細胞培養の黎明期

昆虫細胞の培養は、それから10年もたたないうちに行われました。

 

続きを読むには…
細胞夜話バックナンバーをご覧になりたい方は、下記ボタンよりLife Sciences Academy(LiSA)のサイトへ移動 のうえ、ご登録ください。

LiSAはこちらから

細胞夜話のバックナンバーの掲載をお知らせします。


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)はこちらでご覧いただけます。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する