トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホームテクニカル情報配信サービスバイオダイレクトメール > 細胞夜話

バイオダイレクトメール vol.49 細胞夜話
<第12回:銅鉄実験のはずが新技術の開発に - リン酸カルシウム法とHEK 293細胞 - 愛妻家の銅鉄実験>

ある材料で成功した実験を別の材料でやってみることを「銅鉄実験」などと揶揄しますが、手法が確立されていない時代には、材料を替えるだけで大変な苦労をすることもしばしばでした。しかし、地道な努力の積み重ねによって問題を克服すると、新しい発見や手法につながる場合も少なくありません。今でこそ、形質転換の古典的手法として定着しているリン酸カルシウム法と、アデノウイルスベクター構築などで頻繁に利用されるHEK 293細胞も、そんな地道な努力から生まれてきたのでした。

 

続きを読むには…
細胞夜話バックナンバーをご覧になりたい方は、下記ボタンよりLife Sciences Academy(LiSA)のサイトへ移動 のうえ、ご登録ください。

LiSAはこちらから

細胞夜話のバックナンバーの掲載をお知らせします。


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)はこちらでご覧いただけます。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
ご所属[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する