トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホームテクニカル情報配信サービスバイオダイレクトメール > 細胞夜話

バイオダイレクトメール vol.42 細胞夜話
<第7回:出所不明の有名細胞株 - E. coli B株>

1915年 トウォートが細菌を溶菌するウィルスを発見
1917年 デレルがトウォートとは独立に細菌を溶菌するウィルスを発見し「バクテリオファージ」と命名
1940年 デルブリュックとルリアがファージグループを設立
1945年 デルブリュックがファージの組換えを発見


Story of Escherichia coli K-12

20世紀前半、今日の分子生物学のさきがけとなる研究が、1910年代に発見されたバクテリオファージをモデルとして進められていました。細菌を殺す溶菌作用から、当時は言わば生きた抗生物質として将来性が期待されていたバクテリオファージ研究、それをただバクテリオファージの攻撃にさらされ続けることで支えたもう一方の主役が、今日の分子生物学実験でも頻繁に使用されるEscherichia coliE. coli) B株でした。

E. coli B株がはっきりとその名前を記されたのは、1939年のカルマンソンとブロンフェンブレナーのバクテリオファージの精製についての論文が最初でした。この時期には今日のE. coliBacterium coliと称されており、論文中ではBacterium coliB. coli) P.C.(またはPC)と書かれていました。

 

続きを読むには…
細胞夜話バックナンバーをご覧になりたい方は、下記ボタンよりLife Sciences Academy(LiSA)のサイトへ移動 のうえ、ご登録ください。

LiSAはこちらから

細胞夜話のバックナンバーの掲載をお知らせします。


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)はこちらでご覧いただけます。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する