トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホームテクニカル情報配信サービスバイオダイレクトメール > 細胞夜話

バイオダイレクトメール vol.38 細胞夜話
<第3回:Saccharomyces cerevisiaeで作るビールはエール?ラガー?>

宴会の主役、ビール。その起源は、6000年以上前にさかのぼると言われており、最古の記述はメソポタミアのシュメール人が残した「モニュマン・ブルー」という粘土板に見ることができます。
後に、ビールの製法はメソポタミアからエジプトに伝わり、近代ビールとほぼ同じ原理によるアルコール発酵が行われるようになります。なお、当時のビールは発酵の原理こそ近代ビールとほぼ同じものの、ホップは使われておらず、炭酸ガスの封じ込めも行われていなかったので、苦味や発泡性がなく白ワインに近い風味のものだったようです。

麦汁をアルコールに変えているのは誰だ

実は、酵母の存在自体は、1680年代に報告されていました。顕微鏡の発明者であるオランダのレーウェンフックが、パン種を顕微鏡で観察し菌(酵母)の存在を確認しています。しかし、レーウェンフックの発見は百年以上忘れられたままになります。

 

続きを読むには…
細胞夜話バックナンバーをご覧になりたい方は、下記ボタンよりLife Sciences Academy(LiSA)のサイトへ移動 のうえ、ご登録ください。

LiSAはこちらから

細胞夜話のバックナンバーの掲載をお知らせします。


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)はこちらでご覧いただけます。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
大学/企業名[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する