トップページに戻る

検索のヘルプ

Location:ホームテクニカル情報配信サービスバイオダイレクトメール > 細胞夜話

バイオダイレクトメール vol.37 細胞夜話
<第2回:HeLa細胞のHeとLaは何?>

1951年2月1日、Johns Hopkins Hospitalに1人の黒人女性が来院しました。彼女の名前はHenrietta Lacks。数日前に下着に血液が付着しているのに気付いて診察を受けるために、彼女がJohns Hopkins Hospitalを訪れたとき、すべてが始まりました。

Hela, story of Henrietta Lacks

当時、ヒト以外の動物細胞では、細胞株が樹立され、研究に使われるようになっていました。しかし、ヒトの細胞ではまだ誰も成功していませんでした。
Johns Hopkins Hospitalで研究を行っていたGeorge GeyとMargaret Gey夫妻も、がん研究のための道具として、ヒト細胞株をつくろうと20年間研究を続けていましたが、成功していませんでした。
2人にとってはどのような種類のがんでも良かったのですが、1951年当時、婦人科学部長のRichard TeLindeの求めに応じて、2人は子宮頸部の細胞を集中的に研究していました。

 

続きを読むには…
細胞夜話バックナンバーをご覧になりたい方は、下記ボタンよりLife Sciences Academy(LiSA)のサイトへ移動 のうえ、ご登録ください。

LiSAはこちらから

細胞夜話のバックナンバーの掲載をお知らせします。


お問合せフォーム(2営業日以内にご連絡いたします。お急ぎの場合は、お電話でご連絡ください。)
※よくあるお問合せとご回答(FAQ)はこちらでご覧いただけます。
お問合せ内容[必須] お名前[必須]  
ご所属[必須]
E-mail[必須]
電話[必須] - - (内線
ご入力いただく個人情報につきましては、弊社プライバシーポリシーに基づいて厳重に管理いたします。
下記の 「個人情報の取り扱い」を確認の上、同意いただける場合は「同意する」を選択してください。[必須]
個人情報の取り扱い
同意する