GEヘルスケア・ジャパン株式会社 ライフサイエンス統括本部 トップページに戻る

BLOG 実験を成功に導く小ネタと事例を紹介するブログ

RNAi

2017-2-1 17:40:00

年度末予算で試しませんか?2,000円でトランスフェクション試薬DharmaFECT&最低60,000円からのカスタムライブラリー

皆さま、こんにちは。GEヘルスケア・ジャパンDharmacon製品担当の大島です。

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。お正月休みは如何でしたでしょうか。私は少しリフレッシュする時間をいただき、某自衛隊施設を見学してまいりました。

昨年は弊社Dharmacon製品に関し、格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 今年も皆様のご研究、ご実験がよりスムーズに進みますよう、誠心誠意努力する所存ですので、より一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

さて、この1-3月は、年度の締めもあり、お忙しい時期ではないかと思います。予算の締めなどもあり、年度末予算をどのように使用するか、お考えの方も多いかと思います。この時期、弊社へのお問い合わせでは、
「年度末予算を使ってできるだけ多くの実験を行いたいけど、いい試薬ない?」
「年度末予算に納まるよう、crRNAやsiRNAの価格安くできないの?」

といったご質問が増えています。そこで!ぜひお勧めしたい2つをご紹介させていただきます。

オススメ1:<初回購入限定>RNA & Plasmid DNAトランスフェクション試薬 DharmaFECTシリーズ

DharmaFECTは、細胞にあわせて最適条件で使い分ける6種類のsiRNA用トランスフェクション試薬。高い導入効率、低い細胞毒性、再現性のある結果を実現します。

  • 6種類の中から選択(複数選択可能)
  • 容量50 ul
  • お試し価格 2,000円(税抜き)

ご希望の方はTech-JP@ge.comまでお問合せください。

※掲載されている価格は2017年1月現在の希望小売価格です(消費税は含まれておりません)。希望小売価格は単なる参考価格であり、弊社販売代理店が自主的に設定する販売価格を何ら拘束するものではありません。

関連情報

オススメ2:カスタムCherry-Pickライブラリー

お客様が選択した遺伝子に対するデザイン済みcrRNAやsiRNAを96ウェルプレートに分注してお届けするサービスです。

  • 容量は最少0.1 nmolから
  • プレートレイアウトは自由自在
  • 最低20配列から注文可能(96ウェルプレートの場合)

例えば20配列分のsiRNAを0.1 nmolですと、60,000円のCherry-Pickライブラリーになります。

関連情報

SMARTpoolとCherry-pickライブラリーの組合せは 標的遺伝子スクリーニングのファーストチョイスにおすすめ

国政 和宏 様
公益財団法人 がん研究会 がん化学療法センター ゲノム研究部

新たながん分子標的の探索・同定を目指し、siRNAを用いて実験されているがん研の国政 和宏様に、スクリーニング実験の際にご使用されているsiRNAライブラリーについてお伺いした記事になります。

  • Cherry-Pickライブラリーの価格・仕様については『こちらから»
  • Cherry-Pickライブラリーの作成手順

    1. ご希望のsiRNAまたはmicroRNAの遺伝子検索キーワードの読込み
      NCBI Gene IDまたはGene Symbol
      miRBase mature nameまたはAccession number
      Dharmacon製品カタログ番号
    2. 正しい製品と遺伝子が選択されているかを確認
    3. 製品タイプとフォーマットを選択
    4. 容量、コントロール、複製、プレートレイアウトを設定
    5. ショッピングカートに入れてチェックアウト
  • Webツールの使い方動画

  • Cherry-Pickライブラリーの作成・注文は『こちらから»
  • 「困った・・・」を抱えたお客様や、「ゲノム編集技術やRNAi技術で新しい実験に取り組みたい」というお客様のところへ伺って、一緒に解決方法を探していくことも我々Dharmacon担当者の重要なミッションです。1人で悩まずDharmaconまでご相談ください!

    弊社公式アカウントとしてFacebook、Twitter、Instagramを始めました。日々お役に立つような小ネタや、Tea timeに見ていただけるような投稿をひっそりとつぶやいております。11/30には植物のゲノム編集に関するオススメ論文リストについてつぶやきました。
    ぜひこちらから公式アカウントのフォロー、いいね!をしていただき、ほっと一息のネタにしてください♪

    【Dharmacon製品に関する問合せはこちら】




    この記事の筆者

    大島

    大島 英之
    GEヘルスケア・ジャパンにてDharmaconの担当をしております。
    私の今年の目標は、「siRNA、ゲノム編集と言えばGEの大島へ!」
    を皆さまに覚えていただくことといたしました。
    今年も、さらにパワーアップして皆様のお役に立ちたいと思っております!

≪ BLOGインデックスへ戻る