GEヘルスケア・ジャパン株式会社 ライフサイエンス統括本部 トップページに戻る

BLOG 実験を成功に導く小ネタと事例を紹介するブログ

RNAi

2017-02-21 11:30:00

神経細胞でのRNAi実験は、トランスフェクション試薬不要のAccell siRNAで!

皆さま、こんにちは。GEヘルスケア・ジャパンDharmacon製品担当の大島です。

何度かDharmaconメールでもご紹介してきているのですが、まだまだお届けしきれていない情報の一つに、
「神経細胞でのRNAi実験は、トランスフェクション試薬不要のAccell (アクセル)siRNAで!」があります。神経芽腫細胞や初代神経細胞は、がんや神経発達に関する基礎研究用あるいは神経変性病研究用のモデル細胞系として広く使用されています。しかし、それらの多くはリピッドベースのトランスフェクション試薬による核酸導入効率が低いという問題があり、siRNAを用いたRNAi実験で四苦八苦されている方からよくご相談をいただきます。

≫ 続きを読む...


公開日:2017-2-1 17:40:00

年度末予算で試しませんか?2,000円でトランスフェクション試薬DharmaFECT&最低60,000円からのカスタムライブラリー

皆さま、こんにちは。GEヘルスケア・ジャパンDharmacon製品担当の大島です。

1-3月は、年度の締めもあり、お忙しい時期ではないかと思います。予算の締めなどもあり、年度末予算をどのように使用するか、お考えの方も多いかと思います。この時期、弊社へのお問い合わせでは、
「年度末予算を使ってできるだけ多くの実験を行いたいけど、いい試薬ない?」
「年度末予算に納まるよう、crRNAやsiRNAの価格安くできないの?」

といったご質問が増えています。そこで!

≫ 続きを読む...


公開日:2016-11-22 17:40:00

トランスフェクション試薬を使わないsiRNAだからこそできた実験 - お客様の声ご紹介します

皆さま、こんにちは。GEヘルスケア・ジャパンDharmacon製品担当の大島です。

10月前半にはいくつか大きな学会があり、展示員として参加していたのですが、学会展示ブースに立ち寄ってくださった方々から、ゲノム編集と肩を並べるほどよくいただくご質問に、「トランスフェクション試薬を使わないAccell(アクセル)siRNAって何?」があります。

≫ 続きを読む...


公開日:2016-08-25 18:30:00

shRNA実験の低ノックダウン効率で困っている方必読。
shRNAアンチセンス鎖のRISCへの優先的な取り込みを実現!

皆さま、こんにちは。GEヘルスケア・ジャパンDharmacon製品担当の大島です。

今回はゲノム編集をテーマとしたセミナーの質疑応答の中でよくsiRNAやshRNAについて言及することがあります。ディスカッションを通して、これはノックダウンのほうが適している、という結論にいたることもあります。
そこで、簡単にsiRNAやshRNAによるノックダウンとゲノム編集によるノックアウトの手法比較をしてみました。

≫ 続きを読む...


公開日:2016-06-29 09:00:00

スクリーニング用siRNAライブラリーの選択で迷っている方必読。使用実例一挙公開!

皆さま、こんにちは。GEヘルスケア・ジャパンDharmacon製品担当の大島です。

今回はsiRNAについてご相談いただく内容のうち「siRNAライブラリー製品の実績には、どんなものがありますか?」という質問をいただく機会が多いのでご紹介したいと思います。

≫ 続きを読む...


公開日:2016-02-02 09:00:00

siRNAのオフターゲット効果をおさえる方法をご紹介!

Accell siRNA

皆さま、こんにちは。GEヘルスケア・ジャパンDharmacon製品担当の大島です。

本日はsiRNAについてご相談いただく内容のうち「siRNAの配列によって異なる結果が出て、どちらを信じてよいのか分からない」というお悩みを解決する方法をご紹介します。

siRNA実験では、標的とは無関係な遺伝子の発現を抑制してしまうオフターゲット効果を常に意識する必要があります....

≫ 続きを読む...


公開日:2015-09-25 16:52:56

トランスフェクション試薬いらずのsiRNA導入、まず何から始めればいい?

Accell siRNA

皆さま、こんにちは。GEヘルスケア・ジャパンにてDharmacon製品を担当しております大島と申します。

さて、以前こちらのブログリポフェクション法の試薬による毒性によりsiRNAが導入できない。あるいは初代培養細胞、神経細胞、免疫細胞の細胞など、リポフェクション法による導入が難しい細胞を扱っているため、siRNAの導入が難しいというお客様からのご相談に対して、独自の化学修飾によりトランスフェクション試薬を使わずに細胞へ導入できる DharmaconのAccell siRNAについてご紹介させていただきました。

そんな中、お客さまから「Accell siRNAを試してみたいが、まずなにから始めればよいのかわからない、なにから始めればいい?」というお問合せをいただく事があります。

≫ 続きを読む...


公開日:2015-09-25 16:51:10

リポフェクション法でsiRNAを導入できず悩んでいるお客様、ぜひお試しください!

Accell siRNA こんにちは、GEヘルスケア・ジャパンです。本日はお客さまからよくご相談いただく「siRNAのトランスフェクションにまつわるお悩み」についてお話ししたいと思います。

リポフェクション法の試薬による毒性によりsiRNAが導入できない。あるいは初代培養細胞、神経細胞、免疫細胞の細胞など、リポフェクション法による導入が難しい細胞を扱っているため、siRNAの導入が難しい、とお客様よりご相談を受けることがあります。

その解決法の一つが"Accell siRNA"になります。

≫ 続きを読む...


≪ BLOGインデックスへ戻る